体臭

2015/05/18

漢方薬で気になる体臭を改善できるって本当?

漢方薬で気になる体臭を改善できるって本当?

年齢と共に気になる、体臭や加齢臭。副作用の心配が比較的少ない漢方薬を試してみたいという人も多いようですが、体臭に効果がある漢方とはどのようなものなのでしょうか。

50代男性からの相談:「体臭によく効く漢方は?」

50代になり加齢臭なのか体臭なのかわかりませんが、自分の臭いがきつく感じてきました。薬で治るとも聞いたのですが副作用が怖くてなかなか手が出ません。漢方でも体臭に効くものがあると聞いたのですが、どんな種類なのでしょうか。

体臭の原因となる疾患や体質に働きかける。

体臭に効く漢方といっても、臭い自体を消すわけではなく、肥満や便秘、多汗や消化不良といった、体臭を引き起こしている疾患や体質を改善することで、体臭の解消を目指すもののようです。

体臭の原因がいくつもあるのでどれがよいとは一概には言えません。体臭が内科的疾患からくるものであればその疾患を改善するとされる漢方を服用することになります。(看護師)
漢方でも体臭に効く薬はありますが、それよりも今の身体の体質や症状に合わせた漢方を服用しただけでも体臭が改善できたということもあります。(看護師)
たとえば体脂肪を減らせるような漢方や、便秘症や胃のむかつきに効果がある漢方を内服していたところ体臭が改善したという人もいます。これは体脂肪が高いことにより汗が脂肪でにおいがきつくなっていたことが原因の体臭であったり、便秘傾向でガスが溜まりやすいことにより体臭がきつくなっていたのです。(看護師)
もし体臭が発汗からくるものであれば防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)、桂枝加黄耆湯(ケイシカオウギトウ)、紫胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)がよく利用されています。このように汗の臭いに作用する漢方薬もありますが、体調不良などが原因となっている体臭に作用する漢方薬もあります。(看護師)
胃や十二指腸の調子が悪いと消化不良による胃内の食物残渣の発酵が原因で体臭の原因となります。このような場合には、黄連湯(オウレントウ)という漢方がよいでしょう。(看護師)

長い目で服用を継続しつつ、生活改善も。

漢方薬は、即効性を期待するというよりも、緩やかに効果が表れることが多い薬です。薬局で相談するなどして、自分の体質と体臭の原因に合わせた漢方を見つけ、気長に継続しながら、生活習慣の改善にも努めましょう。

漢方薬は服用し続けることで効果が徐々に出てくるものです。体臭は生活習慣が大きくかかわってくるものでもあるので、生活習慣の見直しと、原因にあった漢方薬を服用することでより効果を得られることが期待されます。(看護師)
自分の体質や今の身体の状態に合わせた漢方を組み合わせて飲んでみてはどうでしょうか。今では漢方も種類が豊富になったので、薬局で身体の悩みも合わせて相談をしてみてはいかがでしょうか。(看護師)

体臭に効く漢方とは、体臭の原因となっている疾患や体質を改善することで、結果的に体臭を改善するものが一般的のようです。肥満や便秘など、それぞれの原因にあった薬を気長に継続しつつ、生活習慣も見直すことで、徐々に効果を実感できるようになることが期待されます。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加