口臭

2015/05/19

ガムや飴では限界が。口臭を抑える薬はないものか?

ガムや飴では限界が。口臭を抑える薬はないものか?

仕事中はガムや飴などでの口臭対策は難しいもの。口臭を抑えてくれる薬はあるのでしょうか。

30代男性からの相談:「口臭は薬で治るのか?」

30代から徐々に口臭がひどくなり、何かと飴をなめたり、ガムをかんだりしてごまかしているのですが、仕事中はそんなことができるのも限られるので口臭を抑えるような薬はありませんか。

まずは原因をはっきりさせること

全般的に口臭を抑えるという薬は残念ながらありません。口臭にもいろいろな原因があり、原因に応じた対策をとる必要があります。原因によっては、それを解決するのに薬が役立つ場合も考えられます。

残念ながら、口臭を抑える薬はありません。口臭の原因は、虫歯、歯周病、歯槽膿漏、唾液の分泌低下、舌についた白い苔のようなものなど口の中の問題と、胃腸の弱りや肝機能低下、糖尿病などの内臓疾患、便秘、ストレスなどがあります。原因がわからなければ対策も難しいので、まずは、日常生活を見直してみてください。(看護師)
薬で口臭を抑える薬はありません。ですが、胃から胃酸が逆流することによる口臭であれば、胃酸を抑える薬を内服すると口臭が抑えられます。ゲップが出やすい体質であったり、胸焼けを頻繁にするようであれば、胃酸逆流が原因かもしれません。(看護師)

試してみて。日常生活の見直し

口臭の一般的な原因として、食生活やストレス、唾液の減少や口腔内の不衛生などがあります。日常生活の中で、これらの要素を意識して改善してみましょう。

食生活では、臭いの強いものや、動物性脂肪は消化が悪く、翌日まで臭いが残ったり、胃がもたれたりしますから、夕食には控え、遅い時間の食事は控えるようにしましょう。高カロリー、甘い物は控え、繊維質を含む海藻類やキノコ類、生野菜などを心がけて摂り、肉より魚、和食を摂るようにしましょう。口臭予防に効果のある食べ物には、キャベツ、梅干し、昆布、リンゴ、ナシ、レモンなどがあります。(看護師)
好きなことで気分転換したり、運動をして、ストレスをためないようにしてください。歯磨きの際には、隅々までよく磨き、歯垢が残らないようにしてください。舌ブラシも使って、舌についた苔のようなものも落としてください。歯磨きのあとに、洗口剤も使用すると、より効果的です。(看護師)
仕事中に飴やガムを噛むのが難しい場合、水分補給は可能でしょうか。口の中の乾燥も口臭の原因になりますから、適宜、水分補給をしてください。緑茶に含まれるフラボノイドが、口臭予防の効果があります。また、食事中に水分を摂りすぎると、逆に唾液の分泌が低下しますから、食事中の水分は控えめにしてください。(看護師)

口臭を治す薬というものはありませんが、原因によっては薬で対策する場合も考えられます。原因を見極め、それに応じた対策をすることが先決です。また、食生活や歯みがき習慣など、日常生活の改善も大切ですので、できるところから見直してみるのはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加