体臭

2015/05/13

食生活の改善で体臭を予防!

食生活の改善で体臭を予防!

最近、何だか自分の体臭が気になるという人はいませんか。年齢と共に体臭が強くなると感じる人もいるようですが、普段の食生活で体臭は抑えることができると言われています。それでは実際に、どのような食事が体臭予防に効果的なのでしょうか。

40代男性からの相談:「体臭を抑えるのに効果的な食べ物は?」

体臭が気になっています。食事で体臭が消えるという話を聞きましたが、どのような食べ物が体臭除去に効果的なのでしょうか。

体臭のタイプ別に対策を

体臭といってもその原因は様々で、タイプによって対策も違ってきます。ワキガやミドル脂臭といった主な体臭について、以下の様に看護師さんがアドバイスしています。

体臭にはワキガや加齢臭、30~40代のミドル世代に発生するミドル脂臭、頭皮の臭いや口臭など様々なものがあり、原因が異なるようにそれぞれの対策があります。(看護師)
ワキガは、汗に含まれる老廃物や皮脂の分泌が多いため、汗をかいて時間が経過すると臭いを放ちます。高脂肪・高カロリーの物は控え、血液をサラサラにする根菜類や緑黄色野菜や海藻類、大豆製品や果物などバランスのとれた食事を摂り、水分補給をして運動で汗をかくようにしてください。(看護師)
ミドル脂臭とは、汗に含まれる乳酸がジアセチルという成分を発生し、これが原因で脂っぽい汗の臭いがします。加齢臭とはまた違った男性特有のもので、後頭部付近や首の後ろから臭いが発生し、30~40代で始まり50代でピークに達すると言われています。乳酸を増やさないため激しい運動は避け、ビタミンB1を含む豚肉や大豆などを摂りましょう。また、お酢や柑橘類に含まれるクエン酸は体内での乳酸の分解を促進します。(看護師)

生活習慣と食生活の両方を見直し

体臭を抑えるためには、規則正しい生活習慣を身につけるとともに、普段の食事も大切です。身体を酸化させないように、抗酸化作用のある食べ物を摂るとよいとアドバイスいただきました。

女性に比べ男性は老廃物や皮脂の分泌が多く、男性ホルモンの減退や男性特有の臭い成分があるため、年齢を重ねると体臭がきつくなると言われています。共通して言えることは、規則正しい生活でバランスのとれた食事をし、水分補給や適度な運動で汗をかきストレスをためないことです。(看護師)
体臭の原因は体内で増えた活性酸素だと言われているので、活性酸素を抑えることができれば体臭を除去することが可能です。しかしストレスや紫外線や喫煙など、日常生活において活性酸素が増えてしまう要因は数多く存在するため、生活習慣の改善だけでは体臭の原因である活性酸素を抑えるのは不可能に近いです。(看護師)
抗酸化力の高い食べ物としてバナナ・トマト・緑茶などの食品があり、赤ワインやブルーベリーなどに含まれているポリフェノール成分も抗酸化力が高いですし、大豆に含まれるイソフラボンの摂取も効果的です。体臭除去=錆びない身体作りと考え、これらの食品を意識的に取り入れましょう。(看護師)

体臭予防に効果的な食べ物をいくつかアドバイスいただいたので、参考にしてみてください。また体臭にはタイプがあるので、ご自身の体臭に合った予防策をとることが大切なようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加