体臭

2015/05/11

更衣室に自分の脇の臭いが充満!何とか対策できないか?

更衣室に自分の脇の臭いが充満!何とか対策できないか?

臭っているのはわかっているのにどうすることもできず、きまりの悪い思いをすることが多いワキガ。効果的な対策方法はあるのでしょうか。

50代男性からの相談:「脇の臭いの対策は?」

冬場になると決まって困っていることがあります。それは脇の臭いです。更衣室などにいると決まって私の脇の臭いが充満してしまいます。制汗スプレーなども利用しているのですが、付け忘れてしまう事も多々あります。他に効果的な対策はありますか?

原因は、汗+雑菌。両方にアプローチを

ワキガの原因は、アポクリン腺から出る汗に雑菌が繁殖すること。ですから、身体に汗を残さないことと、殺菌することが対策になります。運動や食事で体質を改善することも大切です。

いわゆるワキガという状態だと考えられますね。ワキガでは脇のアポクリン腺から出る汗が皮膚に存在する雑菌に分解されることによって、ワキガの特有の臭いが発生します。(看護師)
もともと汗は無臭ですが、時間の経過で服やわき毛についた汗に雑菌が繁殖し臭いにかわります。(看護師)
対策としては
1.着替える:汗をかいたら、衣類をこまめに取り替える
2.腋毛を剃る:腋毛があることで雑菌が繁殖しやすくなります。
3.腋の消毒:雑菌を殺菌してしまえば臭いは出にくくなります。
4.制汗剤:スプレーなどありますが、かえって臭いが混じってしまうケースもあります。
5.拭く:汗をかいたら、こまめに腋の汗を拭く。
6.脇パッド:腋パッドは汗をすばやく吸い取り、腋の汗じみや黄色いしみも抑えます。(看護師)
入浴時は湯船につかって汗をかき、消臭効果や殺菌作用のあるボデイーソープで洗い、入浴後はワキの下をしっかり乾かしましょう。(看護師)
水分をとって、運動をして汗をかき、汗の循環をよくすることで、汗の質をよくしましょう。(看護師)
食べ物は、動物性脂肪を多く含む食品、インスタントやジャンクフード、バターや洋菓子、肉の脂身などをさけ、野菜中心、果物や海藻類、キノコ類、大豆製品、肉より魚などバランスのとれた食事を心がけましょう。夜遅い食事や飲酒、喫煙も控えるか、やめたほうがよいでしょう。(看護師)

ひどいようなら、皮膚科などでの外科処置も。

レーザーや手術など、臭いの原因となる汗を出すアポクリン腺を取り除く外科的処置を行なっているクリニックもあります。まずはカウンセリングを受け、その必要性に納得がいくようであれば検討するのも良いでしょう。

どうしても気になるようでしたら、皮膚科や麻酔科、美容外科で外科的な処置で汗を抑える治療もできます。美容外科では、保険が適応されないことがありますから、事前に問い合わせて、カウンセリングだけ受けてもよいと思います。(看護師)
治療には以下のようなものがあります。
・レーザー:アポクリン腺は毛穴にそってあるので、レーザーで毛穴ごと破壊します。
・手術:アポクリン腺を手術で取り除きます。
・吸引法:細い管を使用して、アポクリン腺を吸い取ります。
・ボトックス注射:ボトックスの注射によって汗を止めます。これは3~4カ月ごとに注射の必要があります。(看護師)

気になる脇の臭いの対策としては、まずは汗に細菌が繁殖する過程をブロックすることです。自力での解決が難しいと感じる場合は、専門家にアポクリン腺の処理をお願いすることも検討できます。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加