多汗症

2015/05/09

なんとかならない?人一倍の汗っかき

なんとかならない?人一倍の汗っかき

周りのみんなは涼しい顔をしているのに自分だけが汗をかいていると、なんとなく恥ずかしくなってしまうもの。なんとかしたい、汗っかき。汗をかかないようにできるのでしょうか。

30代男性からの相談:「汗の原因と対策はどのようなものか?」

汗かきを改善したいと思っています。周囲の人が汗をかいていないときでも、自分だけが汗をかいていることがあります。汗かきに原因はあるのでしょうか。日常生活で注意すべきことなどがあれば教えてください。

汗をかく原因とは?

汗をかくというのは正常な身体機能の一つ。誰でも汗はかくものですが、そもそも人間はどうして汗をかくのでしょう。正常ではない汗というのもあるのでしょうか。

基本的に、汗は体温を調節するためにかくものです。たとえば、夏場の気温が高い時や運動して体温が上昇した時、人体は体温を下げるために汗をかくのだと考えるとイメージしやすいでしょう。ただ、もともと汗をかきやすい人もいますし、病気として多汗症というものもあります。(看護師)
体温調節のための正常な汗のほか、多汗症という病的な汗があります。多汗症の場合、とくに暑くもなく、体温調節を必要としない場合でも汗をかくという症状が出ます。日頃の生活を振り返ってみて多汗症の可能性があるようなら、一度、医療機関を受診してみることも必要かもしれません。(看護師)
汗かきの人の特徴としては普段から運動をする習慣がある、ホルモンバランスが崩れている、肥満であるなどがあげられます。(看護師)
汗をかきやすいというのはそれだけ新陳代謝が優れているということで、本来は良いことなのです。年齢を追うごとに新陳代謝は衰えてくるので、そう遠くない将来には今ほど汗をかかなくなるケースがほとんどです。(看護師)

どうも、正常な汗のようではあるけれど……

たとえかいている汗が正常なもので、新陳代謝が優れているのはむしろ良いことなのだと言われても、かきたくない場面もあるものです。発汗を抑える方法はないのでしょうか。

基礎代謝が高い人の場合、汗をかかなくする対策はなかなかありません。体温は筋肉でつくられるので、筋肉を落とすことで基礎代謝は下がるのですが、代わりに脂肪が燃焼しにくくなるので脂肪がつきやすくなります。また、脂肪がつくと体温が外に放出されにくくなってしまうため体温を下げにくくなり、結局は汗をかくことになります。(看護師)
肥満体格の方が汗をかきやすいのは、体温を下げにくい体質だからです。その場合は、脂肪を落とすことが対策となります。(看護師)
汗をかきやすいのであれば、衣服で調節をするか、なるべく身体を冷やすようにすると新陳代謝が落ちて汗をかきにくくなるはずです。また、汗の臭いが気になるようなら、油っぽい物やアルコールを多く摂取していないか振り返ってみてください。野菜中心の食生活を心がけ、カフェインやアルコールの摂取を控えることで臭いを抑えることが可能です。(看護師)

病的なものや肥満体形の場合は、原因を解消することで過剰な汗を防ぐことができそうですが、正常な汗をかかないようにするのは難しいようです。せめて、食生活の改善や、汗をかいたらこまめにふき取るといった対策で臭いを発生させないよう心がけましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加