薄毛

2015/04/29

薄毛を治療する病院があるって本当ですか?

薄毛を治療する病院があるって本当ですか?

薄毛対策には発毛剤を使うより、病院で治療を受けたほうがより効果があるのでしょうか。病院ではどのような治療が行われるのかという今回の相談ですが、いくつかの方法があるようです。

30代男性からの質問:「病院での薄毛治療について知りたい」

薄毛で悩んでいます。発毛剤も使っていますが、結構お金がかかります。病院で薄毛改善の治療をやっていると聞きました。本当に改善されるでしょうか。またどのような治療をするのでしょうか。

病院での薄毛治療について

薄毛のタイプや状態によって治療法や治療期間は異なり、保険適用外になるので、受診される前によくご確認ください。

薄毛にはタイプがあり、M型薄毛、O型薄毛、その両方の複合薄毛があります。M型の場合は、男性ホルモンの影響や遺伝、体質などの原因があり、内服や注射によるホルモン療法が行われます。O型の場合は、血行不良やストレスが原因といわれ、頭皮の血行をよくするための生活指導や頭皮のケアの指導、血行を促進して髪に栄養を与える内服治療や、直接頭皮に栄養剤を注入する治療などがあります。(看護師)
カウンセリングで生活習慣や遺伝、頭皮の状態を調べ、薄毛の状態や範囲によって治療法を検討します。薄毛の治療には保険が適応されず、植毛や増毛の場合は、内服などの治療以上の費用が必要になります。いずれにしても短期間での治療ではなく、長期にわたって内服したり、定期的に通院する場合もあります。(看護師)
薄毛の治療といっても、まずは肌質を診断し、その人に合った治療法やシャンプーの使用法を指導されます。発毛に効果がある治療法ですが、発毛の効果を実感できるようになるまでには長期間様子を見る必要はあります。(看護師)
普通の人でも髪が伸びたと実感できるまでには2~3カ月はかかります。薄毛治療の場合はそれ以上の期間は必要と思い、気長に構えることが大切です。皮膚科がメインのクリニックと、元々発毛を目的としたクリニックとは治療法も違うので、インターネットで確認してからご相談することをおすすめします。(看護師)

日頃から心がけたい生活習慣

病院での治療は長期間にわたる場合が多いようですが、日常生活から改善できることはあるでしょうか。

治療をお考えなら事前に問い合わせ、無料カウンセリングを受けてから検討されるとよいでしょう。育毛剤を使っても、乱れた生活や頭皮の環境が悪ければ効果は現れません。規則正しい生活を送ること、ジャンクフードやインスタント食品など脂っこいものを控え、野菜を中心に海藻類、大豆製品、果物、肉より魚類、乳製品などバランスのとれた食事を心がけることが大事です。(看護師)
運動で血行をよくし、気分転換をしてストレスをためないこと、シャンプーは刺激の少ない、自分にあったものを選ぶこと、飲酒、喫煙は止めるか控えることなど、身の回りでもできることがありますので、心当たりがあれば改善してみてください。(看護師)

薄毛治療とひと口にいっても千差万別、長期戦な上に保険の適用外です。事前によく調べ、日常生活で改善できるところから薄毛対策を始めてみるのもよいかもしれません。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加