薄毛

2015/04/28

頭皮環境を整えたい。シャンプーは何を使えば?

頭皮環境を整えたい。シャンプーは何を使えば?

薄毛が徐々に進行してくると、このままではいけない、頭皮環境を変えなければ!と思う人も多いと思います。毎日使うシャンプーですが、どのような物を使用すれば薄毛を防ぐことができるのでしょうか。

40代男性からの相談:「薄毛予防のために、どんなシャンプーを選べばよい?」

40才を過ぎたあたりから薄毛が気になり始め、数カ月前から急に前頭部が薄くなったような気がします。これ以上薄毛にならないように頭皮を改善したいと考えていますが、頭皮によいシャンプーがあれば教えてください。

アミノ酸系無添加、天然素材で地肌に優しいものを

シャンプーは肌と同じ弱酸性で、できるだけ肌に優しい低刺激のものを選ぶようにしましょう。洗い方を間違うと頭皮を傷めることになるので、正しいケア方法を身につけてください。

シャンプーを選ぶ際は界面活性剤不使用で低刺激、天然素材でできたアミノ酸系で無添加のものを選びましょう。ご自分に合ったシャンプーが一番なので、使用中にフケや痒みなどがあればすぐに使用を中止してください。(看護師)
頭皮や毛髪に栄養補給ができるヘアパック効果のあるものや、肌と同じ弱酸性で刺激が少なく潤いが残るアミノ酸系がよいでしょう。(看護師)
シャワーのお湯で髪の汚れは落ちるので、シャンプーの際は爪をたてたりゴシゴシせず、手の平で泡立てて頭皮をマッサージするように洗った後、充分にすすいでください。シャンプーや水分が残っていると毛根に雑菌が繁殖しやすく抜け毛の原因になるので、洗った後はドライヤーで頭皮を乾かすように髪全体をよく乾燥させましょう。(看護師)

石鹸シャンプーや馬油シャンプーを試してみても

独特な使用感がありますが、石鹸シャンプーや馬油シャンプーは頭皮や髪によいと言われています。また通常のシャンプーにはシリコンが入っているものが多いのですが、毛穴詰まりが気になるという人はノンシリコンがよいかもしれません。

石鹸シャンプーも薄毛に効果的だと言われていますが、泡立ちが悪く指の滑りが悪い、髪がごわつくなど使用感はあまりよくないようです。しかし、髪の自然治癒力に働きかけ、使っているうちに髪にコシやハリがでて健康的な髪になると言われており、フケや痒み、臭いや白髪も減ったという意見もあります。髪のきしみが気になるなら、石鹸シャンプー専用のリンスを併用するとよいでしょう。(看護師)
馬油は新陳代謝を高める効果があり、馬油を使ったシャンプーには髪に優しいアミノ酸系の洗浄成分が含まれているので、乾燥によるフケや痒みも抑えてくれます。直接薄毛に効くというわけではないですが、頭皮や髪を健康な状態に整えてくれるので、結果的に育毛効果があるというわけです。(看護師)
頭皮によいシャンプーの条件は、まずシリコンが入っていないことです。なぜなら、シリコンが毛穴に詰まってしまい、毛髪の成長を妨げるからです。(看護師)

シャンプーの種類はたくさんあるので、ご自分に合うものを見つけて使用することが大切です。使ってみて頭皮に合わなければ使用を中止し、別のものを試してみてください。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加