薄毛

2015/04/26

もう毛が生えない?抜け毛の毛根に付いた白い塊の正体は?

もう毛が生えない?抜け毛の毛根に付いた白い塊の正体は?

薄毛が気になる人ほど、抜け毛の状態には敏感になるもの。自分の抜け毛をふと見たとき、毛根部分に白い塊がついていたことはありませんか。この白い塊、抜け毛や新しい毛の発育に影響しているのでしょうか?

40代男性からの質問:「毛根の白いものは何ですか?」

毛が抜けた時、毛根の部分に白い塊が付いていることがあるのですが、これは毛根でしょうか。この白い塊が付いた毛が抜けると、もう毛は生えてこないのでしょうか。毛が多い方ではないので心配です。

白い塊の正体は「皮脂」と「毛根鞘」

毛根に付着した白い塊は「皮脂」と、毛髪を頭皮に固定する「毛根鞘」といいます。「毛根鞘」の奥には、毛髪の発育に重要な毛母細胞が存在するものの、新しい毛が生えなくなる恐れはほとんどないようです。

白い塊というのは、皮脂も当然付着していますが、白い塊の部分を「毛根鞘」と呼び、毛髪を頭皮に固定する役割を担っています。(看護師)
この「毛根鞘」の奥に、毛母細胞と呼ばれ、毛髪の育成に重要な役割を担う細胞がありますが、よほど意図的に繰り返し抜かない限り、毛母細胞は損傷しないので安心してください。毛根に白い塊が付着していても、次に新しい毛髪が生えてこないことはありません。(看護師)

「皮脂」が発毛を妨げる場合も

しかし一方で、「皮脂」として付着した汚れが、健やかな発毛を妨げる一因になるという声も。

汚れでできた脂の塊が毛根の奥に入り込み、髪の毛が伸びるのを遮断しているような状態になっていると、毛が生えてきづらくなります。そうなる前に、きちんと毛根の奥の皮脂汚れも落とす必要があります。(看護師)
毛根の奥の皮脂汚れは普通の洗髪方法では無理なので、皮脂汚れ用のシャンプーに変えて、きちんとブラシなどを使用して洗ってください。(看護師)
洗髪の時間が短い人は、少し時間をかけて洗うようにしてください。二度洗いで一度目はさっと洗い、二度目は皮膚をマッサージするようにきちんと泡をたてて洗うとより効果的です。(看護師)

抜け毛の毛根に付着した白い塊の正体は「皮脂」と「毛根鞘」。「毛根鞘」は、毛の発育に関わる毛母細胞を持つものの、繰り返し抜かない限り、毛が生えなくなる恐れはないといいます。しかし、毛根が「皮脂」の汚れで埋まっていると、健やかな発育が妨げられる場合も。毛根の奥の皮脂汚れは普通の洗髪では落としにくいので、気になる場合は、専用シャンプーやブラシの使用、二度洗いなど、洗髪方法を見直すと良いでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加