口臭

2015/04/20

口臭の原因メチルメルカプタンを防ぐには?

口臭の原因メチルメルカプタンを防ぐには?

自分の口の臭いが、何となく気になるという人はいませんか?虫歯や歯周病などがあると口臭が発生しやすいと言われますが、メチルメルカプタンという物質も臭いの原因となっているようです。このメチルメルカプタンを防ぐためには、どうすればよいのでしょうか。

30代男性からの相談:「口臭の原因メチルメルカプタンはなぜ発生する?」

口臭が気になります。メチルメルカプタンが原因と聞きましたが、これはどのような時に発生するのでしょうか。また、メチルメルカプタンの発生を抑える方法はありますか。

歯周病などの口腔内トラブルで発生

歯周病などで口腔内の細菌が増殖すると、メチルメルカプタンという物質が発生して臭いを放ちます。まずは歯科を受診し、虫歯や歯周病などがないか診てもらうとよいでしょう。

メチルメルカプタンは、歯周病や虫歯などのトラブルがあった場合に発生する口臭の原因物質の1つです。改善するためには、一度歯医者を受診してみるとよいでしょう。(看護師)
メチルメルカプタンは、主に歯肉炎などで口腔内の細菌が繁殖した時に発生します。まずは、口腔内の細菌が繁殖しないように清潔を保つことが大切です。(看護師)

口臭の原因は大きく2つ

口臭の原因は口腔内だけではなく、身体の不調が原因で起こることもあります。生活習慣も関係しているため、一度ご自身の日常を見直してみるのもよいでしょう。

日常生活に影響を及ぼす口臭は「生理的口臭(加齢に伴う口臭・早朝時または空腹時口臭・ストレス性口臭・月経時口臭)」と「病的口臭(口腔疾患由来・全身疾患由来)」の2つに大きく分類されます。(看護師)

生理的口臭

加齢やストレスなどの影響で口腔内の唾液の分泌が低下し、乾燥によって起こる口臭です。歯磨きや食事で唾液の分泌を促すことで、改善が期待できます。(看護師)

病的口臭

口腔内トラブルの他に、消化器系の疾患によるものもあります。口腔内トラブルを解決し、歯磨きや食事をした直後にも口臭を感じた場合は、一度内科を受診されるとよいでしょう。(看護師)
口臭は、糖尿病やコレステロールが高いなど病気が原因で起こる場合もあります。口腔内をいくら清潔にしていても虫歯を放置していたり、暴飲暴食や喫煙を繰り返していると口臭は改善しません。規則正しい生活と、栄養バランスがとれた食事を摂ることも大切です。(看護師)

メチルメルカプタンは主に口腔内のトラブルが原因で発生するため、歯科を受診して歯周病などがないか診てもらうとよいでしょう。また口腔内だけではなく、ご自身の生活スタイルを見直してみることも口臭予防につながります。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加