ED

2015/04/16

シトルリンで男性機能を回復できる?

シトルリンで男性機能を回復できる?

薬局やドラッグストアには、さまざまな症状や悩みを解決するという製品が並んでいますが、スポーツサプリメントなどにも含まれているシトルリンというのは、いったいどのような成分なのでしょうか。

40代男性からの相談:「シトルリンの成分、効果、飲み方を教えてください。」

シトルリンのサプリメントがよいと友人から紹介されましたが、何に効果があるのか今ひとつわかりません。シトルリンの成分は何ですか。どのような効果が期待できるのでしょうか。またサプリメントなどを飲むにあたって、副作用など気をつけることはありますか。

シトルリンの基本効能

シトルリンは一般的に精力増強剤として、また、疲労回復に役立つ成分とされていることが多いようですが、その他にどのような効能が期待できるのか専門家に聞いてみましょう。

シトルリンは、スイカやキュウリに含まれるアミノ酸の一種。疲労回復、血流促進、動脈硬化予防などの効果が期待され、血流をよくすることから、女性の冷え性やむくみ予防、男性の筋力増強、精力促進にも効果があるといわれています。ただし、ED(勃起不全)などの症状に直接効果があるのではなく、代謝がよくなり血流がよくなることで勃起しやすくなるということです。(看護師)
シトルリンは一酸化窒素を生み出しますが、この一酸化窒素には血管を拡張し血流を促進する作用があります。そのため、動脈硬化の抑制、免疫力の向上、疲労回復などの効果が期待できるといわれています。また、この血管拡張作用がペニスの血流を改善するため、男性機能改善のためにも利用されています。(看護師)

シトルリン摂取にあたっての注意

シトルリンは男女ともにいろいろな効能が得られる成分ようですが、専門家からは服用にあたっての注意も喚起されています。持病のある方や体調不良時などは、特に注意が必要なようです。

シトルリン血症の方は服用できません。シトルリン血症とは、アンモニアを尿素に変える際に異常が起こって血中のアンモニア濃度が高まり、痙攣(けいれん)、意識障害、こん睡など、重篤な症状を引き起こす疾患です。(看護師)
血管を拡張させ血流をよくするため、血圧の低下や動悸、出血しやすい、目の充血、顔のほてりなどが起こりやすくなります。心疾患のある方、高血圧の方、血液をさらさらにする薬を服用中の方は、シトルリンの摂取にあたって注意が必要です。(看護師)
近年開発されたもののため臨床試験が乏しく、具体的にどのような効果や副作用が起こるか実際にはわからない状況です。サプリメントも薬と同じように、アレルギー反応を起こしたり、思いがけない副作用を起こす場合もあるので、使用に際して薬剤師に相談したり、医師の診察を受けてから検討するのが良いでしょう。(看護師)
一日の推奨シトルリン摂取量は800mgといわれていますが、血管を拡張する作用があるため心臓などの血管の問題ある方は医師に相談することをおすすめします。その他の主な副作用は、興奮性亢進、多呼吸、痙攣、硬直、嗜眠(しみん)、昏睡、嘔吐、痙攣、意識障害、異常行動などです。(看護師)

状況によっては重篤な症状を起こしてしまう可能性もあるシトルリン。その効能に関心がある方は、一度、薬剤師や医師に相談して服用を検討してみるのが安心のようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加