薄毛

2015/04/16

HARG療法で薄毛の悩みから開放される?

HARG療法で薄毛の悩みから開放される?

メソセラピーや植毛などさまざまなものがある薄毛治療法。「HARG療法」と聞いてもどんな治療法なのかピンとこない方も多いでしょうが、これはいったいどのような治療法なのでしょうか。

40代男からの相談:「HARG療法について教えてください」

薄毛に悩んでいる知人から HARG療法というのがあると聞いたのですが、これはどのような治療法ですか。他の治療方法とは、どこが違うのでしょうか。効果があるなら多少高くても試してみたいと思っているので、詳しく教えてください。

HARG療法とは

そもそも、薄毛とはどういった原因で起こり、HARG療法というのはそんな薄毛をどんなメカニズムで改善するとされているのでしょう。

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンが酵素によってジヒドロテストステロンに変換され、これが髪の成長サイクルを乱してしまうことで起こります。ジヒドロテストステロンの受容体が前頭部や頭頂部に多いことから、これらの部分に薄毛が起こりやすいのです。(看護師)
頭皮の下には髪の毛の元になっている幹細胞がありますが、薄毛の方は育毛サイクルが休止になっている状態です。薄毛や抜け毛の治療は、幹細胞を呼び覚まし、頭皮の状態を改善することを目的として行われます。(看護師)
HARG療法とは、幹細胞から抽出した発毛のために必要な栄養分をしっかり頭皮下に届けることにより、頭皮の環境を元の良い状態に戻すという方法です。他の薄毛療法が植毛で薄毛を目立たなくしたり脱毛を抑制して髪の生育を助けるという方法であるのに対して、HARG療法は髪の本数を増加させるという療法です。(看護師)
薄毛状態の頭皮下では、毛髪を作り出す幹細胞(分裂して自分と同じ細胞を作り、際限なく増殖できる細胞)が眠ってしまっています。HARG療法ではヒト幹細胞から抽出された発毛するために必要な栄養分を、頭皮に注入することにより眠っている幹細胞を目覚めさせます。(看護師)

費用はどれくらい?保険適用されるの?

休眠中の幹細胞を目覚めさせて発毛を促し、地毛の本数自体を増やしていくというHARG療法。期待できそうですが、費用はどれくらいかかるのでしょう。また、参考のためにHARG療法以外の治療法も知っておきましょう。

HARG療法の参考価格は初期コスト120万円程度、その後、年1回の治療を4回(1回18万円)ほど継続して行うのが標準のようです。5年間の総コストは約200万円程度、効果は半年程度といわれています。(看護師)
現在知られている毛髪再生医療はミノキシジルなどの外用薬と、プロペシアなどの内服薬を同時に使用する一般的な治療の他、ノンニードルガン(HARG)、グロースファクター再生療法、メソセラピー、自毛植毛などがあります。いずれも診察料や治療費は病院が自由に定めることができます。医療保険適応外のため全ての費用が自己負担となります。(看護師)

治療を受ける施設によっても異なりますが、5年間の自己負担がおよそ200万円。これを高いとするか安いとするかは人それぞれですが、自分にあった方法を選択するためにも、まずは専門機関を受診し、他の治療法も含めてしっかりカウンセリングを受けてみるのが良さそうです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加