薄毛

2015/04/17

病院の薄毛専門外来、いったいどんなことをするのか?

病院の薄毛専門外来、いったいどんなことをするのか?

薄毛で悩んでおり、病院の薄毛専門外来での治療に興味を持っている男性からの相談です。どんな治療が行われているのでしょうか。

40代男性からの相談:「病院での薄毛治療はどんなものか」

薄毛が進行し悩んでいます。最近は病院でも薄毛の専門外来があるとききました。どんな治療をするのか詳しく教えてください。

AGAの治療が中心。内服や注射で発毛をサポート

原因をはっきりさせたうえで、内服や注射による治療が行われるようです。それに合わせて、生活習慣の改善に関する指導も受けます。いずれの場合も、ある程度長期間にわたる治療が必要です。

薄毛には、大きく分けて4つのタイプがあります。専門医が治療できるのは、その中でもAGAと呼ばれている「男性型脱毛症」というもののみです。AGAを発症する原因としては、遺伝的影響とホルモンが関係しているといわれています。このタイプは、男性ホルモンによって、新しい髪の毛の細胞の分裂が妨げられており、新しい髪の毛が生えづらい状態になってしまっています。(看護師)
そのため、内服によって新しい髪の毛の細胞の分裂を促し、新しい髪の毛が生えやすくなるよう促していきます。しかし、この内服治療には効果に個人差があるため、内服でも十分な効果が得られない場合もあります。その場合には、専門医と別の治療方法を考えていくことになります。(看護師)
初期の段階でしたら、生活指導だけですむかもしれません。内服ですと効果がでるのは、個人差がありますが、3~6か月、注射ですと数回に分けて注入しなければならず、いずれも長期での治療になります。そのため、費用もかかり、すぐには効果がでないこともあり、途中であきらめる方もいるようです。(看護師)
内服での治療は、長期にわたって服用することで、胃腸障害や肝機能、腎機能の低下などの副作用がでる場合もありますから、定期的に健康診断を受けるとよいでしょう。注射は内臓への影響はほとんどないようですが、頭皮に直接、注入するため、頭皮のかゆみや、かぶれたりする方もいるようです。(看護師)

費用のことも含めて、事前に調査とカウンセリングを。

原因や症状によって有効な治療法が異なり、医院によって費用も異なります。全額自己負担のため、費用のこともしっかり事前に理解しておきましょう。

治療にあたっては、カウンセリングを受けてから、症状に合わせて、どのような治療法が効果的か、ご本人の希望もふまえて検討されますから、事前にカウンセリングを受けてください。(看護師)
この療法は保険適応外のため、薬や検査代などは全額自己負担となっています。費用も扱っている医院によって変わるため、行かれる際にはインターネットでよくお調べになってから、受診されることをお勧めします。(看護師)

病院での薄毛治療は、特定のタイプの薄毛には効果が期待されそうです。とはいえ、時間も費用もかかる治療ですから、うわさや宣伝をうのみにして飛びつくのではなく、事前にしっかりと調査し、情報を集めたうえで自分で選択するようにしましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加