体臭

2015/04/17

加齢臭とはどのような臭いがするのでしょうか

加齢臭とはどのような臭いがするのでしょうか

年齢と共に気になり始めるのが、加齢臭と呼ばれる体臭です。30代で加齢臭になる可能性はあるのかと悩む相談者の男性ですが、そもそも加齢臭とはどのような臭いなのでしょうか。

30代男性からの相談:「自分の体臭は加齢によるものでしょうか」

加齢臭は歳を取るとみなさん臭いはじめると思いますが、具体的にはどんな臭いがするのでしょうか。自分も身体から臭いがするほうなのですが、この歳で加齢臭というのも違う気がしていて、他に原因があるのかとも思っています。

加齢臭の臭いや原因について

まず加齢臭とはどのような臭いで、何が原因で起こるのでしょうか。

「加齢臭」とは医学的な言葉ではなく、どのような臭いが加齢臭なのか、といった定義もありません。男性は30代頃より男性ホルモンによって、皮脂の分泌が促進されるようになります。この皮脂が独特な臭気を持つことから「加齢臭」と呼ばれています。一般的には、ろうそく・チーズ・古本のようなにおいといわれています。(看護師)
ノネナールという臭いの成分が加齢臭の原因と言われていましたが、近年、これ以外のべラルゴン酸、ジアセチルも加齢臭の原因として、研究が進められています。年齢を重ねるにつれ、女性も男性も加齢臭がおこってきます。特に男性は、女性より老廃物の分泌が多く、男性ホルモンの影響や、この男性特有の臭いの成分の影響で、女性より加齢臭が強いといわれています。(看護師)
加齢臭は病気ではありませんが、胃腸や肝臓など消化器が弱っていると口臭が強くなりますし、疲れやストレスがたまっている時も体臭は強くなります。個人によって臭いは違うと思いますが、一般的には生臭い臭いや酸っぱい臭い、アンモニア臭がする方もいます。体調不良に心当たりがおありでしたら、病院で検査された方がよいでしょう。(看護師)

体臭を抑えるために効果的なこととは

加齢臭の原因となる皮脂や老廃物の分泌は、代謝上必要なので避けることはできません。しかし、毎日の心がけによって臭いを抑えることは可能です。

加齢臭を減らすために特別に何かボディーソープを購入するよりも、まずは毎日しっかりとシャワーを浴びたり入浴をすることで、より身体を清潔に保つことが一番の対策です。またシャツや洋服も汗を含むと臭気をおびてしまうため、できれば背広なども何枚か用意し、まめに交換することも対策といえます。(看護師)
汗をたくさん掻くことによって古い皮膚が剥がれ落ち、雑菌が繁殖、臭いの元となって体臭に繋がります。人より多く汗をかくようでしたら、汗による体臭も考えられます 。この場合も、皮膚を常に清潔に保つよう心掛けることで、臭いを減らすことは可能です。(看護師)

男性の場合は30代頃より兆候が現れるとされる加齢臭ですが、日頃から清潔を心がけることによって臭いを軽減させることは十分可能なようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加