体臭

2015/04/17

加齢臭に香水はよくないのでしょうか

加齢臭に香水はよくないのでしょうか

自分の放つ臭いというのは、客観的にはわかりにくいもの。加齢臭を抑えるために香水を使用しているという相談者の男性ですが、本当に香水は臭い消しに効果があるのでしょうか。

50代男性からの相談:「香水で体臭を抑えるのは逆効果でしょうか」

加齢臭に悩まされています。香水を使うと良くない、といわれているのですが、自分では臭いを抑えられているような気がして、普段使っています。私が気がついていないだけでしょうか。

香水の使用は効果的かどうか

臭い消しのために香水を使う文化は確かに存在するようですが、必ずしも臭いを抑えられているとは言い切れません。

体臭を香水などでごまかすのは、臭いが混ざって逆効果です。使うのであれば、消臭スプレーや汗ふきシートがいいでしょう。男性は、汗や皮脂などの老廃物の分泌が多く、男性ホルモンの影響や男性特有の臭いの成分があり、特に年齢を重ねると、女性より加齢臭に悩む方が多いといわれています。(看護師)
香水ではごまかせない臭いというのもあります。体臭と香水が混ざり、さらに気になる臭いの原因をつくってしまうということもあります。フランスでは臭いをごまかすための香水が沢山あり、人々が香水に慣れているようですが、日本ではビジネスの場で香水のつけすぎがマイナスになることもあります。できれば体質を改善することを心がけた上で、ほんのり香水が香るということを目指されてみてはいかがでしょうか。(看護師)

体臭予防のために心がけたいこと

シャンプーの仕方や食生活を改善することも、体臭を抑える効果が期待できます。

体臭を予防するには、食生活の見直しと身体のケアが大事です。頭皮は湯船につかって汗をかいてから洗髪すると効果的。お湯で髪の汚れは殆どとれるため、洗髪の前によく洗い流します。シャンプーはよく泡立てて頭皮をマッサージするように。そしてよくすすぎましょう。シャンプーが髪に残っていると雑菌が繁殖しやすく、臭いの原因になります。髪の毛に水分が残っている場合も同様、洗髪後はしっかり乾かしてください。(看護師)
身体は消臭効果や殺菌効果のある石鹸を使い、耳の後ろも忘れずに洗ってください。わき毛は剃るか短くしたほうがいいでしょう。足は通気性のよい靴や、指のついた靴下をはいてみてください。家の中では、素足で過ごしましょう。ミョウバンが体臭予防、消臭効果があるといわれているので、薄めたミョウバン液で足を洗ったり、服や、靴にスプレーしておき、丸一日は乾燥させるようにしてください。(看護師)
規則的な生活を心がけ、高脂肪のものを控え野菜中心に大豆製品、海藻類、乳製品、果物、肉より魚にするなどのバランスのとれた食事をとって、体調を整え、便秘しないようにしてください。飲酒、喫煙も控えましょう。汗の臭いを気にして水分を控えたりせず、適宜水分補給してください。むしろ汗をかくことで汗が循環され、質がよくなります。(看護師)
時間の経過で汗は臭いに変わるため、汗をかいたらすぐにふき取り、汗のついた服は着替えて常に清潔な衣類を身に着けてください。ストレスも体臭を強くしますから、あまり神経質にならないようにしましょう。(看護師)

香水では抑えきれない臭いもあるので、食生活の見直しなど、日頃の習慣で体臭を軽減させるよう心がけるのが加齢臭対策によいようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加