体臭

2015/04/15

ミドル脂臭ってなんでしょうか?

ミドル脂臭ってなんでしょうか?

ミドル脂臭は、加齢臭とはどう違うのでしょうか。相談者の男性のように30代でも発生するのか、そして何が原因なのかを見てみましょう。

30代男性からの相談:「ミドル脂臭の原因はなんでしょうか」

彼女にミドル脂臭という言葉を教えてもらいました。30代でも加齢臭のように臭いが出てくると聞いたのですが本当でしょうか。具体的にはどのような原因で臭いが発生するのでしょうか。

ミドル脂臭の臭いや原因とは

ミドル脂臭の原因となる成分とは、そしてどこから発生しやすいのでしょうか。

ミドル脂臭は、頭部付近の臭いが強く、脂っぽい汗の臭いがすることで、男性の30~40代から始まり、50代で本格的に発生するといわれています。加齢臭とは別のものに分類され、研究が進められています。男性は女性に比べて汗や皮膚からの皮脂の分泌が盛んで、男性特有の臭い成分があります。また、男性ホルモンの影響で、年齢を重ねると加齢臭が強くなります。(看護師)
ミドル脂臭は、ジアセチルという成分が原因なのですが、加齢臭の原因となる男性特有の臭い成分である、ノネナールの100倍も広がりやすいといわれています。主に、後頭部や首の後ろから発生するため、他人に指摘されて初めて気づく場合が多いようです。(看護師)
人の身体には、外部からの細菌の侵入を防ぐため、皮膚や体内にブドウ球菌が存在します。汗に含まれる乳酸がブドウ球菌によって分解される時に、ジアセチルが発生します。従ってミドル脂臭を防ぐためには、乳酸の分泌を抑えることが必要となります。乳酸を抑えるには、激しい運動を避けて適度な運動で血行をよくする、ストレスをためない、頭皮を清潔にする、不規則な生活習慣や食生活を見直すことが効果的です。(看護師)
ミドル脂臭は最近になってつけられた名前で、脂臭と言われるように脂っぽい頭部周辺や首周りから発生する臭いで、ジアセチルが主な原因物質となります。汗に含まれる乳酸が、表皮のブドウ球菌などに常在菌に分解されることによって生じます。(看護師)

日頃から心がけたいケアについて

毎日の食事やケアが、ミドル脂臭予防の鍵となります。以下を参考にし、日々実践してみましょう。

予防方法としては、禁煙、お酒の飲み過ぎに注意し適量を心がける、辛いもの・脂っこいものの食べ過ぎに注意してバランスの良い食生活を心がける、ウォーキング・ジョギングなどの有酸素運動を取り入れ、体内の代謝をあげることなどの生活習慣の見直しが必要になります。(看護師)
食べ物はビタミンBを含む、豚肉、大豆製品、かつお節など、またクエン酸を含む、柑橘系、梅干しをバランスよく3食に摂りいれてください。偏った食事を避け、野菜、魚介類、海藻類、乳製品なども摂るようにしてください。(看護師)
頭部や首周りは念入りに、ケイヒやカンゾウなどフラボノイドなどを含む植物性由来の石鹸が臭いを抑えてくれます。すすぎ残しがあると毛穴に石鹸や汚れが詰まったままになり、更に臭いを出す原因となるので十分なすすぎが必要です。現在臭いが気にならない状態でも、日々の丁寧なケアがミドル脂臭の予防に繋がってきます。(看護師)

頭皮や身体を清潔に保ち、食事などの生活習慣を見直して毎日継続させることが、ミドル脂臭の予防に大きく関わってくるようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加