メタボリック

2015/04/09

肥満や薄毛対策に注目のサプリ、カプサイシンの効果とは?

肥満や薄毛対策に注目のサプリ、カプサイシンの効果とは?

30歳を過ぎた頃から、代謝の低下と共に増加する肥満や薄毛の悩み。今回は、そんな中年男性の悩みを解消するサプリメントについての質問です。

30代男性からの質問:「カプサイシンを摂取できるサプリメントについて」

お腹が出て顔も脂が多く、髪の毛も少し薄くなっています。生活習慣を改善してもなかなか効果が見えず、サプリメントでもう少し効果を出したいと思っています。悩みをまとめて解決できそうな成分としてカプサイシンを検討していますが、どのような効果が期待できるのでしょうか。また効果はありますか。

血流促進作用で、肥満や薄毛対策に。

カプサイシンは、その血行を良くする働きから、脂肪の燃焼や薄毛の対策に期待できるといいます。一方、効果を得るには継続摂取が必要という声も。

カプサイシンは唐辛子のヘタや種に含まれる辛味成分です。胡椒やしし唐にも含まれています。(看護師)
カプサイシンを摂取するとアドレナリンの分泌が促されます。その結果、交感神経が興奮して血流も良くなり、代謝を促します。代謝が促進すると必然的にカロリーを消費するので、脂肪の燃焼に効果的です。この作用は頭皮の血行も良くし、頭皮の環境を整えて毛母細胞にも働きかけるため、薄毛や抜け毛にも効果があると言われています。(看護師)
効果には個人差があり、誰にでも効果があるとは言えませんし、摂取してもすぐに効果は出ないと思います。少なくても半年以上は摂取することが望ましいです。(看護師)

摂取量には要注意。食事や運動も同時に対策を。

カプサイシンは大豆イソフラボンとの同時摂取でより効果を期待できるといいます。しかし、摂取量によっては副作用が生じる場合も。また、食事や運動による同時対策も必要だといいます。

大豆イソフラボンと一緒に摂るとより効果的とも言われています。しかし、大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをするため、男性が積極的に摂取すると、ED(勃起不全)を起こす場合もあります。(看護師)
カプサイシンは刺激物ですから、摂りすぎると胃腸が荒れ、胃潰瘍や胃がん、食道がんの発生率が高くなったり、味覚異常を起こしたりします。摂りすぎには注意してください。(看護師)
お腹が出て顔も脂っぽいのでしたら、もう一度食生活も見直し、高脂肪、高カロリーのインスタント食品やレトルト食品、コンビニ弁当や洋菓子などは控えましょう。飲酒、喫煙も控え、野菜や果物、繊維質を含む海藻類やキノコ類、肉より魚を中心に、血液をさらさらにするバランスのとれた食事を心掛けてください。(看護師)
また、体操やストレッチ、一つ前の駅で降りて歩くなど、少し汗をかくくらいの運動を毎日続け、メタボ対策の生活を試みてください。(看護師)

継続的な摂取によって、肥満や薄毛の対策に期待できるサプリメント・カプサイシン。大豆イソフラボンとの同時摂取でより効果が期待できる一方、摂取量によっては副作用の恐れもあるといいます。効果には個人差もあるというので、サプリメントだけに頼らず、食事や運動による対策も同時に行うのが良いでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加