薄毛

2015/04/07

酢酸トコフェロールって育毛に効くの?

酢酸トコフェロールって育毛に効くの?

今回の相談者の男性は酢酸トコフェロールに興味があります。育毛に効果があると言われている酢酸トコフェロール。酢酸トコフェロールとはどのような成分で、効果と副作用とは?看護師さんが詳しく教えてくれました。

40代男性からの相談:「酢酸トコフェロールは育毛に効果がありますか?」

育毛に効果があると聞いて興味を持った酢酸トコフェロール。その効果と副作用について詳しく知りたいと思っています。

酢酸トコフェノールとはどんな成分でしょうか?ビタミンの一種だと聞きましたが、育毛に効果がありそうということで気になっています。効能と副作用も合わせて教えてください。

酢酸トコフェロールはビタミンE誘導体のひとつ

女性が使用する化粧品ではよく目にする酢酸トコフェロールですが、実は育毛剤にもよく含まれています。ビタミンE誘導体と呼ばれ、抗酸化作用などが見込まれるため、育毛に限らず様々な効果が期待できます。

酢酸トコフェロールはビタミンE誘導体とも呼ばれるもので、ビタミンE誘導体は抗酸化作用や抗炎症作用があります。これらの効果によって、血管の改善や脂質の代謝の向上、抗炎症作用、肌の老化を起こす活性酸素の除去などの作用があり、頭皮の環境を改善し髪が生えやすい環境を整えると言われています。(看護師)
皮膚の老化や肌荒れの原因とされるフリーラジカルや活性酸素を無効化したり、過酸化脂質の発生を抑制します。また、末梢血管の拡張を促すことで皮膚の血液循環を改善し、皮膚の角化を促進する作用があり、このことからも肌荒れの抑制や老化の防止効果などを期待されています。そのほかには手足のしびれの改善、めまいの改善、頭痛改善、脂質の促進作用も期待されています。(看護師)

過剰摂取による副作用には注意

サプリメントとしても気軽に摂取できる酢酸トコフェロール。過剰摂取にはさまざまな副作用が報告されています。

酢酸トコフェロールは医薬品としても使用されるものです。副作用としては、胃の不快感、下痢、便秘頭痛はや吐き気、目のかすみ、めまい、胃痙攣などが報告されています。(看護師)

酢酸トコフェロールは育毛だけでなく肌の調子を整えるなど様々な効果が期待できる成分。サプリメントなどで試してみるのもいいですね。しかし、過剰な酢酸トコフェロールの摂取は様々な副作用が報告されていますので、用量、用法を正しく守って使用しましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加