ED

2015/04/06

「トナカイの角」、「鹿の角」が精力増強に効く?

「トナカイの角」、「鹿の角」が精力増強に効く?

年齢と共に、精力の減退を感じている人は少なくないようです。トナカイの角や鹿の角が精力増強に効果的だという話を聞いた相談者の方ですが、実際にどのような効果があるのか、またトナカイと鹿の角の違いについて知りたいと言っています。

50代男性からの相談:「精力増強に効果有り!?トナカイの角と鹿の角とは」

トナカイの角が、精力増強に効果があると聞きました。鹿の角というのもありますがどこが違うのか、またどの様な効果があるのでしょうか。

漢方薬として使われ副作用が極めて少ない

トナカイの角も鹿の角も漢方薬として使われており、自然由来の生薬のため副作用が少なく比較的安心して服用できるようです。また効能に関しては医師により意見が異なることもあり、一概には言えないと看護師さんは説明しています。

トナカイの角は、漢方としてよく使われるものの1つであり、中国では昔から精力増強の作用があるといわれています。一方、鹿の角も一部漢方として取り入れられていますが、トナカイの角に比べると用いられる頻度は少ないようです。(看護師)
漢方の代表的な成分で鹿茸(ろくじょう)と呼ばれるものがあり、鹿の角の部分で昔から精力剤や滋養強壮剤として使われています。トナカイの角も同じ成分を含むことが研究によって解明され、そのアミノ酸含有率はトナカイの方が20%ほど多いと言われています。(看護師)
漢方は西洋医学とはまた違った領域で、医師により効能に対して見解が違うことも多く、「トナカイの角はこのような効能です」と一概に申し上げることはできません。(看護師)
トナカイの角や鹿の角を含め漢方は自然由来の生薬がほとんどで、副作用が出る頻度は非常に少なく、また起こったとしても程度は低いとされているため、漢方を積極的に治療に取り入れる医師もいるほどです。そのため、精力増強という目的で漢方を試すことも治療法の一つと考えます。漢方専門の薬局などで、一度ご相談されてはいかがでしょうか。(看護師)

鹿茸(ろくじょう)の効果について

トナカイの角や鹿の角に含まれる成分「鹿茸」を使用し、勃起不全に悩む人を対象に行った臨床試験では、以下の様な結果が出ています。

鹿茸の効果は、更年期障害・食欲不振・耳鳴り・目眩・虚弱体質ED(勃起不全)・肉体疲労・四肢のしびれ・神経衰弱の改善などです。重度のEDを持つ20人に対し、トナカイの角を毎日25g服用するグループと50g服用するグループに分けて臨床試験を行った結果「25g→3人が性交可能にまで復活」「50g→3人が性交可能になり、他3名も明らかに改善」という結果が見られました。(看護師)

トナカイの角も鹿の角も成分はほぼ同じですが、一般的にトナカイの方がよく使われているようです。漢方薬の場合、医師によって効能に対する見解が違うこともあるので一概には言えないようですが、臨床試験の結果などを参考に検討されてはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加