体臭

2015/04/04

体臭の悩みを解消?クエン酸にそんな効果が?

体臭の悩みを解消?クエン酸にそんな効果が?

スポーツ飲料やタブレットの他、日頃の食生活に欠かせない食酢やレモンにも含まれていることで有名なクエン酸。気になる体臭の予防に、クエン酸が効果的というのは本当なのでしょうか。

50代男性からの相談:「クエン酸で体臭がなくなるって本当ですか?」

体臭が気になっています。広告でクエン酸で体臭が消えるというのを見たのですが、これは本当ですか。また、本当だとしたら、どんなメカニズムで臭いを消してくれるのでしょうか。

クエン酸ってどんな栄養素?

身近な食品や飲料に含まれていてわりとなじみのある栄養素クエン酸ですが、実際、クエン酸は体内でどのような働きをしているのでしょうか。

クエン酸は摂取した栄養をエネルギーに作り変える、エネルギー代謝を行うために必要不可欠な栄養素です。(看護師)
クエン酸はエネルギー代謝の維持、活発化に必要な栄養素です。また、肝臓は体内で乳酸を分解する機能を果たしていますが、クエン酸を摂取すると肝臓が十分なエネルギーを得ることができ、効率よく乳酸を分解できるようになるといわれています。(看護師)

クエン酸と体臭との関係

体内に取り込まれると、肝臓の働きを助けるという働きがあるというクエン酸。その働きが体臭といったいどう関係してくるのでしょうか。

クエン酸は汗や加齢による体臭に効果があります。腎臓や肝臓など疾患による病的な体臭には効果はありません。(看護師)
クエン酸が不足した状態でエネルギーの代謝が行われると、代謝不完全のため体内で乳酸が作られてしまいます。通常、乳酸は汗と混じって体外に排出されるのですが、アンモニアと結合しやすい性質を持っていて、アンモニアと結合した乳酸が汗とともに体外に排出されるとそれが不快な体臭の原因になります。(看護師)
クエン酸は体臭の予防に効果的だというのは本当です。クエン酸の働きで肝臓の機能が正常になると、汗の中にアンモニアが出なくなります。その結果として、体臭を抑えることにつながっていくのです。ただし、体臭の原因は他にもたくさんあり、クエン酸の摂取だけで体臭を完全に抑制できるわけではありません。(看護師)

クエン酸の働きで汗にアンモニアが混じらなくなることが、体臭予防につながるわけです。体臭の原因によっては別の対策が必要ですが、手軽に摂取できるクエン酸で体臭を防止できる可能性があるのだとしたら、一度試してみても良いかもしれません。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加