薄毛

2015/03/21

髪の成長因子で髪増える?年をとっても望みある?

髪の成長因子で髪増える?年をとっても望みある?

抜け毛が多く薄毛を心配している男性から、髪の成長因子に関する質問です。成長因子で髪の毛は増える可能性や、年齢を重ねても頭にまだ成長因子があることは期待できますか。

50代男性からの相談:「髪の毛の成長因子とは、どんなものですか?」

抜け毛が激しいので、髪の毛が心配です。髪の成長因子というものがあるそうですが、どんなものですか。年齢を重ねても頭にまだあるのでしょうか。成長因子で髪の毛が増えるのであれば、増えるようにしたいです。

成長因子の産出が減ると、頭髪が抜けやすくなる。

成長因子は頭髪の成長期に産出されるものですが、この産出が減ると髪が細く抜けやすくなり、育毛サイクルの周期が短くなってしまうため、薄毛を引き起こします。成長因子にも何種類かあり、それぞれの働きが決まっているようです。

薄毛や抜け毛の原因として、育毛サイクルの周期が短くなってしまうことが挙げられます。頭皮の状態が正常な場合の成長期に、産出されるのが成長因子です。しかし薄毛や抜け毛状態の人は、成長因子の産出が減るため成長期が保たれず、毛髪が細く抜けやすくなります。しかも、脱毛因子が増えるので、成長期が短くなってしまうのです。(看護師)
主な髪の成長因子
KGF ケラチノサイト成長因子:髪の材料を作ります。
IGF-1とIGF-2 インシュリン様成長因子1と2:細胞の機能を活性化し、毛母細胞や毛乳頭を増やします。
bFGF ヒト塩基性線維芽細胞増殖因子:頭皮の血流を促進し毛包を活性化させます。
VEGF 血管内皮細胞増殖因子:血流が促進することで毛乳頭細胞が活性化します。
Thymosin-s4とβ4 チモシンs4とβ4成長因子:毛根を刺激し毛髪を強くします。(看護師)

加齢で減少した成長因子を頭皮に注入して補う治療も。

成長因子の中でも特にFGFと呼ばれる成分を頭皮に注入する方法が注目されているとか。太い髪が生え、抜けるまでの周期も長くなるという効果があるようです。

これらの成長因子は元々私達が持っていたものですが、加齢により減少してしまっているため、育毛剤や薬として補っていかなければいけないのです。そこで注目されたのが、成長因子の中でも、発毛因子とされているFGF(線維芽細胞増殖因子のこと。血管新生、創傷治癒、胚発生に関係する成長因子の一種)です。再生療法では、このFGFを頭皮に直接注入する事で成長期を正常に保ち、毛髪を太く伸び続させる効果が期待されています。(看護師)

髪の成長因子の減少は薄毛と深い関係があるようです。年齢を重ねると、成長因子が減ってしまうため、髪が細く抜けやすくなりますが、このメカニズムが解明されたことで、成長因子を補う治療方法も開発されています。自分の場合に有効かどうか医師に相談してみるのも良いかもしれません。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加