薄毛

2015/03/19

ミノキシジルが薄毛に効くのは本当か?

ミノキシジルが薄毛に効くのは本当か?

薄毛の予防や発毛を促す育毛剤ですが、様々な種類が売られています。最近ミノキシジルが薄毛によいと言われていますが、どのような効果が期待できるのでしょうか。

40代男性からの相談:「ミノキシジル配合の育毛剤。その効果は?」

様々な育毛剤を使ってきましたが、最近「ミノキシジル配合」の育毛剤が効くと聞きました。ミノキシジルとはどの様なものですか?本当に効果はあるのでしょうか。

血行を促進させ頭皮に栄養を

ミノキシジルは、血行をよくすることで頭皮に栄養を運びやすくします。ただし、生え際の薄毛にはあまり効果が期待できないようです。

薄毛の原因は、遺伝・体質・ストレス・生活習慣などがあります。ミノキシジルは血行をよくし、髪に必要な栄養素を頭皮に行き渡らせる働きがありますが、生え際の薄毛にはあまり効果がないようです。(看護師)
男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンが酵素によりジヒドロテストステロンに変換され、髪の成長サイクルを乱してしまうため起こります。ミノキシジルは血行促進作用がありロゲインなどに含まれる成分で、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化すると言われていますが、効果がある人もいれば全くない人もいます。(看護師)

食事や生活習慣で薄毛を改善

普段の食事や生活習慣は、髪の健康に大きく影響します。脂っこい食事は避け、運動・睡眠・シャンプーの仕方などの改善で薄毛予防はできるようです。

こめかみの上や頭頂部に薄毛対策のツボがあるので、そこを刺激するようシャンプー時や入浴後にマッサージしてください。長時間帽子をかぶらない、整髪剤は使用しないなど、心当たりがあれば改善しましょう。育毛剤やサプリの効果は個人差があるので、薬剤師や専門医に相談してご自分にあったものを使用してください。(看護師)
高脂肪のものは皮脂の分泌が多くなるので、血液をサラサラにする緑黄色野菜や海藻類、肉より魚、果物や大豆製品などを食べましょう。髪の材料となるたんぱく質は動物性より植物性のもの(豆腐などの大豆製品)を摂り、髪の生成を助ける亜鉛(レバー・魚介類・チーズなど)、毛母細胞を活発化するビタミンB2・B6(青魚・卵・ナッツなど)、頭皮の血流をよくするビタミンE(ごま・植物脂など)をバランスよく摂りましょう。(看護師)
髪の成長に必要な成長ホルモンは、23時頃に最も多く分泌されます。分泌が不足すると髪の成長に影響が出るので、この時間には就寝して規則的な生活を心がけましょう。またストレスが溜まると交感神経の作用で血管が収縮し、頭皮や毛母細胞への栄養が届きにくくなります。スポーツや趣味などでストレスを解消し、適度な運動で全身の血流をよくすると頭皮の血行もよくなり、栄養が届きやすくなります。(看護師)
シャンプーは髪と頭皮への負担を避けるため1日1回にして、手で泡立ててから後頭部につけ頭全体を覆い、頭皮の皮脂をしっかり落とすように指の腹でマッサージしながら洗います。シャンプーやトリートメントが残ると頭皮トラブルの原因となるため、すすぎは十分過ぎるほど行ってください。(看護師)

ミノキシジルは頭皮の血行をよくし、髪に栄養を届けやすくする効果があるようです。育毛剤の使用以外でも薄毛は予防可能なので、これを機会に生活習慣の見直しをするのもよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加