体臭

2014/08/13

首筋の辺りから漂う加齢臭。臭いを防ぐ方法はあるのか?

首筋の辺りから漂う加齢臭。臭いを防ぐ方法はあるのか?

40代になり加齢臭が気になり始めたら、どのように対策するのが良いでしょうか。今回は、自分の臭いが気になり毎日風呂にも入っているが、むしろ体臭が以前より強くなっていると感じ対策を検討している、そんな方からのご相談です。

40代男性からの相談:「うなじの匂いが気になるのですが、ケア方法は何かありますか?」

今回の相談者は、40代に入ってから、うなじからの臭いが気になり始めたそうです。対策をしてみるものの、なかなか臭いを抑えることができず、困っています。

40歳過ぎた頃から自分のニオイを気にする様になったのですが、心なしか首筋の辺りから匂いがする様な気がしています。きちんと毎日お風呂で洗っているのですが以前よりもそこからの体臭が強くなってきた気がします。加齢によって生じる匂いは仕方ないと諦めるべきなのでしょうか。
男性の加齢臭がしない様な、特に首や背中などのケアなどがあれば是非教えてください。また、毎日摂るとニオイが防げる様な食べ物があれば知りたいです。よろしくお願いします。

汗の放置は厳禁!毎朝のシャワーと、寝具の小まめな手入れを行いましょう

汗は放っておくと臭いの原因となります。夜間は大量に発汗するため、翌朝にシャワーを浴びましょう。寝具を小まめに洗うのも大切です。

夜間は大量に発汗するため、翌朝シャワー浴を行うのはいかがでしょうか?後頭部付近は皮脂の分泌量が多いため髪を洗う際は生え際まで丁寧に洗うと良いと思います。(看護師)
発汗したらすぐに拭き取るようにしたり、寝衣や枕及び枕カバーやシーツなどをこまめに洗ったりするのも対策のひとつだと思います。是非試してみてください。(看護師)

動物性の脂の摂取を減らし、臭いの元を断ちましょう

食生活も身体の臭いと関係があります。動物性の脂を減らし、ビタミンが多く含まれる柑橘類などを多く摂取すると良いでしょう。

体内にコレステロールや中性脂肪といった脂質が増え、酸化した脂肪酸が「ノネナール」と結びつき、皮脂から分泌されます。これがニオイのもととなります。

皮脂が出にくい食事=動物性の脂を減らす食事です。
・ビタミンC、ビタミンEを多く含む食品(柑橘系、ほうれん草等)
 抗酸化作用があり、酸化を防ぐ働きがあります。
・和食
 低脂肪で、コレステロール・中性脂肪が少なく、又高繊維質でもあるので便秘の予防腸内サイクルが安定うるので悪臭の発生を防ぐ働きがあります。

和食を作るのが時間的、体力的に面倒だと思われる場合には、ビタミンを含んだサラダでも補えます。(看護師)
脂肪分の多い食事やにおいの強い食べ物を控えたりするのも対策のひとつだと思います。(看護師)

喫煙も体臭の原因に!喫煙者は要注意

タバコも体臭を促進する原因です。栄養分の吸収を阻害してしまうため、食生活の改善が無意味になってしまう可能性があります。

タバコには脂肪を酸化させてノネナールを作り出し、又抗酸化作用のあるビタミンを破壊してしまう働きがあります。食生活を改善しても、喫煙を行うことによって弊害されてしまうので、喫煙は身体にもニオイにも大きな影響を及ぼします。(看護師)

40代から気になりはじめる体臭も、原因を理解ししっかりと対策すれば臭いを防ぐことができるかもしれません。普段の食生活や寝具の手入れ、朝のシャワーなど、些細なことに気をつけていき、身体の臭いをしっかりと管理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加