メタボリック

2015/03/18

アディポネクチンがメタボ予防に効果あり!?

アディポネクチンがメタボ予防に効果あり!?

40才を過ぎた頃から、健康診断でメタボを指摘される人も多くなってくるようです。アディポネクチンという物質が生活習慣病やメタボ予防に効果があるようですが、具体的にはどの様な働きがあるのでしょうか。

40代男性からの相談:「アディポネクチンはサプリで摂取可能?」

40才を過ぎてから脂肪が蓄積されやすくなったようで、メタボや糖尿病などの生活習慣病が気になり始めています。知人からアディポネクチンという物質が生活習慣病によいという話をききましたが、アディポネクチンを摂取するのにオススメのサプリはありますか?

メーカーによって値段や効果は様々

アディポネクチンはメタボ予防の他にも、糖尿病・高血圧の予防や、脂肪燃焼作用などのエネルギー代謝にも大きく関わりがある物質です。サプリメントに関してはその種類や効果の程は様々なようですが、アディポネクチンは体内で生成されるのでバランスの取れた食事などの生活習慣も大切です。

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるたんぱく質で、動脈硬化や糖尿病の予防に注目されています。食事で直接とることはできませんが、体内で生成されるため食生活の改善で分泌を促すことができるでしょう。サプリもあるようですが稀少価値のある物だからなのか、他のものに比べ値段は高めのようです。(看護師)
アディポネクチンとは脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種で、エネルギー代謝に大きく関わっています。血管修復作用や血管拡張作用、脂肪燃焼作用などがあり、糖尿病・高血圧・メタボリックシンドローム・動脈硬化を予防する効果などが期待されています。サプリメントですが多くののメーカーで企画・開発されており、その効果や値段も違います。そのため、ご自身の身体に合ったものを見つけ使用するのがよいでしょう。(看護師)

メタボ予防に効果的な食生活を!

サプリメントを利用するのもよいですが、メタボなどは普段の生活習慣が大きく関係しています。カロリーの摂り過ぎを防ぎ、適度に身体を動かしてエネルギーを消費させましょう。

メタボ対策として、コレステロールを低下させるため高脂肪・動物性脂肪(バター、洋菓子、肉の脂身など)を控え、油はオリーブオイル・サフラワー油・ナタネ油など、不飽和脂肪酸やリノール酸を含む植物性のものを使いましょう。また、酢がコレステロールを下げる効果があることはよく知られています。(看護師)
外食やインスタント食品は控え、水溶性食物繊維を多く含む大豆製品や海藻類やキノコ類、生野菜や果物を摂るとコレステロールの吸収を抑えてくれます。キャベツ・ごぼう・りんご・バナナなども摂るようにしてください。生で食べられる野菜は生で食べ、皮ごと食べられる果物は皮ごと食べるようにしましょう。あさりや帆立に含まれるタウリンや、青魚に含まれるDHAもコレステロールを下げる効果があると言われています。(看護師)
糖尿病の予防には、甘い物を控えたバランスのとれた食事と、毎日運動を続けることです。ウォーキングや体操、ストレッチなどで軽く汗をかくようにしてください。(看護師)

アディポネクチンは様々な効果が期待でき、多くのメーカーでサプリも販売されているようです。食生活にも気をつけながら、自分に合うサプリを見つけてみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加