体臭

2015/03/12

ストレスで体臭がきつくなるって本当?

ストレスで体臭がきつくなるって本当?

汗かきではないものの、服にしみる体臭が気になるという男性から、ストレスが体臭の原因だといううわさの真偽について確かめたいという相談です。

40代男性からの相談:「ストレスと体臭は関係ありますか?」

体臭が気になります。特に汗かきというわけではありませんが、服などに臭いがしみています。ストレスが体臭の原因と聞いたことがありますが、本当でしょうか?

ストレスも体臭の一因となり得る

ストレスによって、汗の量や質が影響を受け、体臭の発生原因の一つとなる可能性があるようです。

ストレスも体臭の原因になります。ストレスのため、血液の循環が悪くなり、肝臓の解毒作用が低下したり、胃腸が弱って、消化不良になるため、そのため汗が凝縮され、汗の脂質が増えるためとされています。(看護師)
汗をたくさんかくことによって、古い皮膚が剥がれ落ち、それを元として雑菌が繁殖、臭いの元となります。これが体臭の原因です。特に汗を多くかく病気として「多汗症」というものがあります。この病気の発生理由の一つとしてストレスがあげられているため、結果としてストレスが体臭の原因の一つと言われたのだろうと考えます。(看護師)

ストレスをためない生活習慣を心がけ、必要なら受診の検討も。

食事や睡眠、運動などの生活習慣を見直し、ストレスや肥満に注意しましょう。同時に、体臭の他の原因となり得る内臓の病気や精神的な不調の兆候にも留意を。必要であれば受診も考えると良いかもしれません。

体臭予防として、動物性脂肪を含む食品や臭いのきつい食品、洋菓子やチョコレートなど甘い物は避け、繊維質を含む野菜や果物、海藻類、キノコ類、乳製品を摂って、腸内環境を整え、便秘しないようにしてください。緑黄色野菜や果物のビタミンは身体の酸化を防ぎ、体臭を予防してくれます。(看護師)
夜遅い時間の食事はさけ、規則正しい生活を心がけること、睡眠をしっかりとって、軽い運動をして、ストレスをためないようにしましょう。好きなことや、趣味、運動などで気分転換を図ってください。メタボや肥満も体臭の原因になります。暴飲暴食、飲酒、喫煙も控えましょう。(看護師)
胃腸不良や高血糖など内科的疾患がある場合も体臭や口臭がきつくなったりします。体調不良の場合は、早めに病院を受診してください。(看護師)
汗かきというわけではないということでしたが、ご家族は体臭について何かおっしゃっているでしょうか?もし、おっしゃっていない場合は、自分の体臭が過度に気になってしまう「自臭症」と呼ばれる、精神的なものも考えられます。心当たりがあるようでしたら、一度心療内科に行かれてもいいかもしれません。(看護師)

体臭は、男性であれば特に、年齢と共に気になってくるものです。食事や身体の清潔など道理にかなった範囲で対策を行ないつつ、悪化要因となるストレスも極力ためないようにするのが良いでしょう。気にしすぎてストレスにならないように、気長に構えるのがおすすめです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加