ED

2015/03/09

ガウクルアとはどんな成分なのか?

ガウクルアとはどんな成分なのか?

精力回復やEDの改善などで、ガウクルアのサプリを聞いたことがあるかもしれません。一体どのような成分なのでしょうか。ガウクルアの種類や、それぞれの効果について紹介します。

ガウクルアには赤と白の2種類あり

ガウクルアには赤ガウクルアと白ガウクルアが存在し、それぞれ違った効果があると言われています。

・白ガウクルア

白ガウクルアはタイ北部からミャンマーの山岳地帯に生える、つる科の植物です。プエラリアとも呼ばれ、主に女性向けのサプリメントで使用される成分です。プエラリアにはミロエステロールという強力なエストロゲン活性をもつ成分が含まれており、女性の豊胸効果や美肌作用があり、更年期のホルモン療法として使用されることもあります。

・赤ガウクルア

赤ガウクルアはソフォンと呼ばれるハーブのことで、タイのメコン川流域に自生しています。タイでは「天然のバイアグラ」と呼ばれるほど、精力増強などに効果があると考えられています。具体的には、男性ホルモンを活性化させる作用があり、精力回復、アンチエイジング、ストレス軽減などの効果があると言われています。

このソフォンにはPDEの酵素作用を阻害する同様の物質が含まれており、PDE5阻害薬であるシルデナフィル(バイアグラ)と同様に局所血流量を増大させ、男性機能障害を改善すると考えられています。一般的には、適切な服用量では副作用はほぼないだろうと言われています。

EDの場合、病院治療と赤ガウクルアはどちらがよいか

天然のバイアグラとの呼び声が高いですが、本当にEDだった場合は病院治療と赤ガウクルアサプリはどちらがよいでしょうか。

赤ガウクルアもバイアグラの成分であるシルデナフィルと同じ作用をすると考えられます。しかし適切な服用量で副作用があまり心配されないということは、その作用はシルデナフィルと比べるとそこまで強くないかもしれません。

現在、バイアグラのジェネリックが登場し、ある程度シルデナフィルを安く入手できるようになったため、本格的なED治療を検討する場合は病院での薬の処方のほうが効果は高いかもしれません。一方で薬を飲みたくない場合は、このようなサプリメントを活用するとよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加