薄毛

2015/03/08

植毛が失敗した場合、どうなってしまうのか?

植毛が失敗した場合、どうなってしまうのか?

今回の相談者の男性は植毛に興味を持っています。治療費も高く、失敗したことを考えると不安になります。実際に植毛後に起こるトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?

40代男性からの相談:「植毛が失敗することってあるの?」

植毛に興味がありますが、失敗が気になります。

数年前から頭頂部の頭髪が薄くなり、いろんな育毛剤を試してみたのですが、効果がありませんでした。そこで、植毛を検討しているのですが、高額でもあり、失敗した場合が心配です。毛が生えてこなかったり、抜けたりするのはもちろん、変な傷跡が残ったりしないか心配です。植毛は、失敗することがあるのでしょうか?

植毛には術後起こりうるトラブルがいくつかあります

植毛は外科手術なので100%成功するというわけではありません。下記が植毛の際に注意しておきたいポイントです。

1. 定着率:クリニックのHPなどで定着率〇〇%という数字を見かけますが、例えば100本植毛しても10本は生えて来ない事があるという計算です

2. ショックロス・ショック現象:これは、植毛手術を行った事によって元々の髪の毛が抜ける現象です。抜け毛に驚き、失敗したと感じる人が多いですが、大体術後1~2ヶ月あたりで毛髪が休止期に入り(個人差があります)、3~4ヶ月後には生え変わって発毛、という通常の毛周期でみられます。

3. 傷痕が残る:植毛手術にはFUTというメスを使う方法と、FUEというメスを使わない手術法があります。FUTは頭皮ごとメスで切り取る方法です。毛髪を採取する場合後頭部や側頭部の毛髪を使用しますが、ライン状に傷跡が残ってしまいます。FUEは専用の機器を使って毛根をくりぬく方法です。FUEはメスを使わないので傷痕は残りにくいです。

4. 外観:植毛は自らの髪の毛を移植するため気付かれる心配はありません。しかし、生え際が不自然だったり、密度がまばらになったりといったトラブルはあるということです。

植毛は保険適応の効かない高価な手術です。必ず医師から十分な説明を受けて、リスクも十分に理解してから治療するようにしましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加