ED

2015/03/05

バイアグラの持続時間と服用のタイミングについて

バイアグラの持続時間と服用のタイミングについて

バイアグラは内服してどのくらいで効果が現れ、その効果はどれくらい持続するのでしょうか。またバイアグラを内服する際の注意点は何でしょうか。相談者に対して看護師が解説しています。

50代男性からの相談:「バイアグラについて教えてください。」

年齢のせいか、性行為を行った後、2回目にチャレンジしようとしても、なかなか勃起せず困っています。バイアグラの服用を考えていますが、バイアグラの効果時間は、どれくらいなのでしょうか?また「バイアグラは、食前にとらなければ効果が少ない」と聞いたのですが、本当でしょうか?

ジェネリックも登場し、注目が集まるバイアグラ

バイアグラはED(勃起不全)に悩む多くの男性を救ってきた薬です。日本でも1999年に厚労省の認可が降りて以来、不動の人気を誇っています。2014年にはバイアグラの特許が切れ続々とジェネリックバイアグラが発売されたことで再び関心を集めています。

同じ成分のため、今よりも安くバイアグラの効果を得られるため、この機会に改めて治療を検討する人も多いかもしれません。具体的にバイアグラを服用する際の、注意点と効果の持続時間はどのようなものでしょうか。

内服後30分から効果が出始め、持続時間は5~6時間です

バイアグラは性行為の1時間前に水で内服するのが基本ですが、食事の影響を受けやすいのでその点には注意が必要のようです。

バイアグラは服薬してから大体30分ほどで効果が出始めます。持続効果は5時間から6時間を目安としてください。またバイアグラは食事の影響を受けやすいお薬です。期待する効果を得るために、食前の服用をお勧めしています。(看護師)

さらに、バイアグラを食後に内服する場合注意点があります。

・食事を摂ってから性交まで時間がある時は、食後2時間以上経ってからバイアグラを服薬してください。
・食後すぐに性交する場合は、食事の前にバイアグラを事前に服用して30分後に食事をとります。
・食事の内容としては、油の多いメニューを避け、あっさりとした消化の良い物にしてください。満腹になるまで食べないことも大切です。薬の吸収を妨げる恐れがあります。(看護師)

また、バイアグラとアルコール摂取についても注意点があります。

アルコールについてですが、大量の飲酒はバイアグラの効果を弱めてしまうばかりか、体に悪影響を及ぼし危険です。ただし、適量でしたら気持ちをリラックスさせ、薬の効果を高める事ができるため、問題ないでしょう。(看護師)

バイアグラジェネリックが発売され今までより何割か安く手に入るようになりました。積極的に治療に取り組めるようになりましたが、服用の仕方については食事やアルコールには少し注意をする必要がありそうです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加