体臭

2015/03/01

体臭が心配。とりあえずデオドラントで臭いを抑えたい。

体臭が心配。とりあえずデオドラントで臭いを抑えたい。

同じ年齢層の人から加齢臭がすることから、自分も加齢臭がしているのではないかと不安になっている男性の、デオドラントなどで対処したいが、どうすればよいかという相談です。

50代男性からの相談:「体臭を抑えるデオドラント」

40代から50代で加齢臭が出てくると聞きました。私の同級生も随分臭いがする人がいます。私も臭っているのではないかと心配です。臭いを抑えるにはどうすればよいでしょうか。ひとまず今はデオドラントなど、臭いを感じたときに抑えるもので、対処したいと思っています。

目的や使用感など、自分に合った形状のものを選んで。

デオドラントグッズは、単に臭いを香りでごまかすことではなく、臭いの原因となる細菌の繁殖を抑えるのが目的です。形状によって、便利さや効果の高さ、使用感などが違うため、何を重視するかによって適切なものを選びましょう。

加齢臭は男女にかまわず起こりますが、男性ホルモンの影響や、男性特有のにおい成分によるもの、女性より皮膚からの老廃物の分泌が多いことから、年齢を重ねると独特の体臭が発生し、男性の多くが加齢臭で悩まされます。頭皮の臭いや口臭、ワキの臭いなどの部分的なもの、身体全体からの臭いと、個人差があります。(看護師)
デオドラントグッズとは臭いを抑える製品です。肌にある汗腺から分泌された汗が細菌により分解されたとき、臭いが発生します。デオドラントグッズは、その細菌の増殖・繁殖を抑え、体臭を予防します。(看護師)
デオドラント剤の形状ですが、ロールオンタイプ、パウダースプレータイプ、ローションタイプがあります。ロールオンタイプは、肌に密着するため、高い効果が期待できると言われています。パウダースプレータイプは外出時などに携帯でき、気になった時にいつでも使えるのが便利です。ローションタイプはサラリとした液体タイプで伸びがよく、全身に使用することができると言われています。 (看護師)

日々の地道な努力で、身体の中からもデオドラントを。

運動や水分補給、食事の習慣、便秘予防、肥満予防、ストレス解消など、日々地道に行なうことで臭いにくい体質になることが可能です。身体の中からも同時にデオドラントを。

体臭の予防としては、規則的な生活を心がけ、運動したり、水分をとって汗をかきましょう。汗で皮膚の老廃物を排出し循環されることで、汗の凝縮を防ぎます。汗をかいたらこまめにふき取り、汗のついた服はなるべく取り替えましょう。(看護師)
食事は動物性脂肪を含む食品、肉の脂身やバターやチョコレートなど甘い物、洋菓子はさけ、肉より魚、緑黄色野菜や果物などビタミンを含む食品を中心に、バランスのとれた食事を心がけます。夜遅い食事や喫煙、飲酒も体臭を強くします。(看護師)
乳酸菌や繊維質を含む食品で腸内環境を整え、便秘を予防してください。これは口臭予防にも効果があります。(看護師)
肥満やストレスも体臭の原因になりますから、軽い運動や好きな趣味で気分転換をして、肥満防止、ストレスをためないようにしてください。(看護師)

デオドラント製品の使用は対症療法にすぎません。加齢臭を発生しにくい体質を作るため、生活改善のタスクを日々地道に実行するとともに、その一助としてデオドラント製品も上手に取り入れていけたら良いですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加