体臭

2015/02/28

便秘が続くと体臭がひどくなるって本当?

便秘が続くと体臭がひどくなるって本当?

ここのところ便秘に悩み、便秘のせいで口臭や体臭が発生しているのではないかと心配している男性から、本当のところ便秘と体臭は関係あるのかという質問です。

30代男性からの相談:「便秘と体臭の関係は?」

ここ1年くらい便秘気味です。3日~4日に1回のペースでしか出ません。人から聞いたのですが、便秘が続くと口臭や体臭の原因になるとのことですが本当でしょうか。すでに自分は臭いのかと心配です。

便秘でため込んだ有害物質が体臭の原因に

腸にたまった便が腐敗し、有害物質が発生すると、それが呼気や皮膚から放出されるため、口臭や体臭として感じられるニオイとなるようです。

便秘は時として、体臭や口臭の原因になります。便秘から臭いが発生するメカニズムは、便秘によって有害物質を溜めこんでしまうためです。便が長く腸にあるということは、腸内で悪玉菌が増加し、便の腐敗・発酵が進みます。腐敗した便からは有害物質が発生します。この有害物質が体臭の原因となります。(看護師)
本来であれば便と一緒に排出されるはずの有害物質は、行き場をなくし、腸の壁から吸収され、血液中に溶けだしてしまいます。つまり、血液に乗って全身に有害物質が行き届いてしまいます。有害物質は、一部は肝臓で解毒されますが、皮膚や呼気などから排出されます。このとき、腐敗臭も一緒に放出され、体臭や口臭になります。(看護師)

毎日の便秘対策を根気よく続けて

食べ物だけでなく、運動や水分補給、嗜好品や生活リズムなど、便秘にはさまざまな要素がかかわっています。便秘を解消してニオイのもとを排出する生活を目指しましょう。

便秘を予防するために、繊維質を多く含む海藻類やキノコ類、野菜、果物、2リットルを目安に水分を摂って、毎日の軽い運動も心がけてください。また、乳酸菌をとって善玉菌を増やして腸内環境を整えましょう。(看護師)
辛いものやにんにくなど刺激の強いもの、脂っこいものは腸内環境を悪くし、オナラの臭いもきつくなります。腸内で発生したガスは血液を通して、体内にも運ばれますから、体臭もきつくなるというわけです。また、炭酸飲料もガスを発生させますので、控えた方がよいでしょう。(看護師)
不規則な生活や睡眠不足、朝はぎりぎりまで寝る生活ですと、便秘になりやすくなります。朝は余裕をもって、毎日、決まった時間にトイレに行くようにしてください。寝起きに冷たい水か牛乳をコップ1杯ほど飲むと、腸の動きがよくなります。便意があれば我慢しないこと。場所や時間によっては難しいと思いますが、我慢すると、よけいに便が硬くなります。(看護師)
飲み物ではプーアール茶、明日葉茶などありますが、ゴボウ茶がお勧めです。カフェインを含むものは、腸内環境を悪くしますから、控えるようにしてください。すぐには効果が出ないかと思いますが、習慣つけることが大切です。(看護師)

腸内環境は一朝一夕に改善するものではないため、長期的な視点で根気よく続けることが大切です。デオドラント製品や入浴だけではコントロールしきれない、内側からにじみ出る体臭も、すっきり習慣でシャットアウト。明日の朝ちょっと早起きするところからはじめてみるのはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加