体臭

2015/02/26

加齢臭は、身体のどこから発生する?

加齢臭は、身体のどこから発生する?

中年男性の悩みの1つである加齢臭は、いったい身体のどの部分から発せられるのでしょうか。気になる加齢臭の原因と予防法について、いくつかのポイントをご紹介します。

50代男性からの相談:「気になる加齢臭。身体のどの部分から発生?」

無臭であることが今の時代のエチケットになっていることから、加齢臭を抑えたいと思っています。毎日、身体全体を洗って清潔にしているつもりですが、やはり気になってしまいます。加齢臭は、身体のどの部分から発生するのでしょうか。

頭皮や身体全体など、個人差が

頭皮やTゾーンなど加齢臭が発生しやすい部位はあるようですが、人によって様々です。男女問わず起こる症状ですが、男性の方が加齢臭に悩む人は多いようです。

加齢臭は男女問わず起こりますが、男性ホルモンの影響や男性特有のにおい成分によるものや、女性より皮膚からの老廃物の分泌が多いことから、年齢を重ねると独特の体臭が発生し男性の多くが加齢臭で悩まされます。頭皮の臭いや口臭、ワキの臭いなどの部分的なもの、身体全体からの臭いなど個人差があります。(看護師)
加齢臭が発生しやすいのは、耳の後ろ・頭皮・首の後ろ・Tゾーンと呼ばれている額~鼻にかけてと、体躯では胸周辺と背中です。これらの部位は、皮脂腺が多いため加齢臭が出やすく、毎日入浴しているのに臭いが発生してしまうのは身体に洗い残しがある部位なので、しっかり洗うように心掛けてください。(看護師)

食事や運動など、生活習慣の改善を

身体を洗うこと以外にも、食事やストレスなどの生活習慣も加齢臭の原因に。何か思い当たることはないか、下記を参考に一度チェックしてみてください。

規則的な生活を心がけ、運動をして水分をとり汗をかきましょう。汗が皮膚の老廃物を排出し、循環することで汗が凝縮するのを防ぎ臭いを抑えます。汗をかいたらこまめにふき取り、服はなるべく取り替えましょう。(看護師)
動物性脂肪を含む食品、肉の脂身、バターやチョコレートなどの甘い物や洋菓子は避け、肉より魚、緑黄色野菜や果物などビタミンを含む食品を中心に、バランスのとれた食事を心がけます。夜遅い食事や喫煙・飲酒も体臭を強くします。また乳酸菌や繊維質を含む食品で腸内環境を整え、便秘を予防してください。これは口臭予防にも効果があります。(看護師)
食生活の改善も臭いを抑える効果があります。肉食は臭いを発生させやすいので、摂りすぎに気をつけましょう。(看護師)
肥満やストレスも体臭の原因になります。軽い運動や好きな趣味で気分転換をして、肥満防止とストレスをためないように努めてください。(看護師)
頭皮の臭いは頭皮をマッサージするように洗髪し、シャンプーが残らないよう充分にすすぎます。頭皮にシャンプーや水分が残っていると、菌が繁殖しやすく臭いの原因になるので洗髪後はドライヤーでしっかり乾燥させ、同じように脇の下もよく乾燥させてください。(看護師)

加齢臭の原因や発生部位は、人によって様々なので特定はできないようですが、生活習慣の改善などで予防はできます。入浴の際はできるだけ丁寧に洗うよう心がけ、食事は脂肪分の摂りすぎに注意をしましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加