口臭

2015/02/25

舌苔による口臭。治療の必要があるのでしょうか?

舌苔による口臭。治療の必要があるのでしょうか?

普段から何となく、自分の口臭が気になるという人は少なくないのではないでしょうか。舌にある舌苔(舌についた白い苔のようなもの)が原因ではと悩む相談者の方ですが、日頃からできる口臭予防にはどの様なものがあるでしょうか。

30代男性からの相談:「口臭の原因は舌苔?」

口臭を除去するには、舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌の奥の方にできる物質を除去しなければならないと聞きました。最近口臭が気になっているので何か手頃に始められて、簡単に除去するよい方法はありませんか?あるいは病院で治療してもらうことは可能でしょうか。

舌苔の除去は、やさしくブラッシング

舌苔は、通常のマウスケアで大抵は除去できるため無理に落とさなくてもよいようですが、気になる時は力をいれすぎないよう、優しくブラッシングしましょう。またストレスや食生活も口臭に関わってくるので、普段の生活を見直してみるのもよいようです。

口臭の原因には、歯垢・虫歯・歯石・歯槽膿漏・歯肉炎・唾液の分泌低下、おっしゃるように舌苔などもあります。舌苔は、舌ブラシでやさしくブラッシングして除去できますし、歯科でとってもらうこともできます。舌苔予防として、ストレスをためない、口の中を乾燥させない、バランスのとれた食事などがあります。(看護師)
舌苔は自然と付着するものなので本来取り除く必要はなく、日常のマウスケアで大体除去できますし、口腔環境が良好なら過剰に発生することもありません。しかし体調不良などで口腔環境が悪くなると、舌苔が蓄積し口臭もひどくなってしまいます。舌苔は歯ブラシなどで無理に取り除くと、舌乳頭に傷がつき逆効果なので注意しましょう。(看護師)

生活習慣の改善で口臭予防!

口腔内の問題以外にも、口臭の原因となるものはいくつかあります。以下の4つのポイントを是非参考にしてみてください。

その1.唾液の分泌

唾液の分泌が少ないようなら、食前に耳の下から顎にかけてマッサージをして、よく噛んで食べるようにしてください。レモンは口をさっぱりしてくれ唾液の分泌に効果的ですし、適宜水分補給やガムをかんだりして口の中の乾燥を防ぎましょう。(看護師)

その2.臭いのきつい食事

口臭を抑えるために、臭いのきつい物、脂肪分の多いもの、脂身の多い肉、バターを多く使ったパン、洋菓子、チョコレートなどの甘い物は、なるべく控えましょう。(看護師)

その3.腸内環境と整える

野菜や果物、海藻類やキノコ類、大豆製品、乳製品など、バランスのとれた食事で腸内環境を整えてください。天然の歯磨きとも言われているリンゴやパイナップルもよいでしょう。また便秘も口臭の原因になるので、軽い運動をして腸の動きをよくしてください。(看護師)

その4.飲酒・喫煙・ストレス

疲れやストレスで体調が崩れている時や内臓疾患がある時も口臭が発生するので、睡眠を充分にとって身体を休め、体調が悪ければ病院で検査を受けることも必要です。飲酒や喫煙も、やめるか控えた方がよいでしょう。(看護師)

確かに舌苔も口臭の原因となるようですが、本来なら通常のマウスケアで問題はないようです。自分で除去する際は、専用のブラシで優しくブラッシングし、こすりすぎないように注意しましょう。その他にも生活習慣の見直しで口臭予防はできるようなので、当てはまることがあれば実践してみてください。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加