健康

2015/02/21

血圧を下げるには、どんなサプリを飲んだらよいのか?

血圧を下げるには、どんなサプリを飲んだらよいのか?

血圧を下げるサプリを飲みたいと思っているものの、種類が多すぎてどれを飲んだらよいのかわからないという男性から、成分や違いを知りたいという質問です。

30代男性からの相談:「血圧を下げるサプリ」

血圧を下げるようなサプリはどんなものがよいのでしょうか。検索するとたくさん出てくるのですが、どれも良さそうで、どれが良いのか全くわかりません。それぞれ成分によって効果があると思うのですが、違いなどを含めてどんな成分が良いか知りたいです。

血圧を下げる効果のある成分いろいろ。

血圧を下げるサプリというのは、たいてい血液をサラサラにするなど体質の改善に働きかけ、結果として血圧を下げることができるというもののようです。いろいろな成分のものがありますが、即効性はないため、一定期間試してみて、自分に合ったものをさがすと良いかもしれません。

高血圧に有効な成分は、ペプチド類、カリウム、DHA・EPA、霊芝、紅麹、マグネシウム、カルシウムと言われています。(看護師)
ペプチドは血圧の上昇を阻害する効果があります。カリウムは塩分の排出を助ける効果があります。DHA・EPAは青魚に多く含まれている必須脂肪酸です。血液をサラサラにする効果があります。霊芝も同じく血液をサラサラにする効果があります。紅麹は血圧、コレステロール、中性脂肪を下げる効果があります。マグネシウム、カルシウムが不足すると血管収縮の原因となります。(看護師)
サプリメントは、合う合わないがあるので、試してみて、ご自身に合ったものを利用されるとよいでしょう。(看護師)
血圧を下げるサプリと言っても、直接血圧を下げるわけではなく、ほとんどが体質を改善して血圧を下げる効果を上げるためのサプリメントにすぎません。しかも即効性は無いので長期間の服用で効果が無い場合はそれ以上に血圧が改善されない原因があるのでその時は早めに病院に受診する必要があります。(看護師)

サプリにだけ頼らず、生活の見直しを。

血圧が上がる原因となる生活習慣をチェックし改善することは、サプリを飲むことよりも重要かつ有効です。また、単純に高血圧だと思い込んでサプリで安心していると、思わぬ病気が隠れていることも。思い当たる人は早めの受診を検討するのが賢明です。

血圧を上げる原因をまずは考える必要があります。暴飲暴食はしていないか、塩分は摂り過ぎてはいないか、生活は不規則ではないか、など生活習慣を見直し自分に合ったものを探すのが一番です。サプリメントは薬ではないのでまずは血圧が上がる原因を把握しておくことが大切です。(看護師)
朝方に異常に高血圧になる人は腎臓が原因の可能性もあります。また、血圧の変動が大きい人やほぼ一日中血圧が高い人はまずは病院に受診する事が必要です。血管が詰まり、脳梗塞や心筋梗塞になる前に処置が必要です。(看護師)

日頃から意識的に高血圧対策をするのは良いことです。自分に合った成分のサプリを見つけ、必要に応じて専門家の支援や生活習慣の改善などとあわせて取り入れていければ良いですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加