体臭

2015/02/19

汗の匂いをきつくする食べ物、抑える食べ物とは?

汗の匂いをきつくする食べ物、抑える食べ物とは?

汗をかくのは体温調節のために必要なことですが、汗の匂いを強くしてしまう食べ物はできれば避けたいものです。今回の相談者の男性も汗の匂いを指摘されて悩んでいます。汗の匂いを強くする食べ物、抑える食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか?

30代男性からの相談:「汗の臭いを抑えたいです。」

友人にまで汗臭さを指摘されて悩んでいる男性。食事の改善をしたいと思っています。

前から気になってはいたのですが最近友人にも指摘されてしまい、改めて自分の汗がひどいことに気がつきました。汗の臭いを抑える食べ物などはありますか?あるいは避けたほうがいい食べ物はありますか?体質もあるかもしれませんが、なるべく臭いを抑えたいと考えています。

汗の匂いを強くする注意したい食べ物があります

食べすぎることで汗や体臭がきつくなります。注意しましょう。

“臭いの原因”になる食事を簡単に申し上げると「動物性のたんぱく質・脂肪の多い食品」「乳製品」「臭いの強い食べ物」「嗜好品」などです。また甘い物の取り過ぎにもご注意ください。油分の多い食事や菓子類・ジュースを好む食生活のある方は、皮脂が溜まりやすくなります。皮脂が多くなると脂肪分の分泌が汗として流れやすくなると言われています。(看護師)

あっさりとした和食を食べましょう

特に食物繊維を含んだ食べ物には効果があります。

汗そのものを改善するには野菜を中心とした食事に代えることです。特にほうれん草・ごぼう・にんじん・サトイモなどの緑黄色野菜と、わかめ・ひじき・昆布などの海藻類です。食物繊維が豊富なキャベツもおすすめです。海草類は食物繊維が多く腸内清掃をする上、脂肪分を吸収し排泄する作用がありますので、毎日欠かさず摂取されるといいでしょう。また、発汗調整成分が含まれているというイソフラボン、大豆や大豆製品も食卓に並べてみてはいかがでしょうか。(看護師)

看護師さんがブラシの選び方とお手入れを教えてくれました。

かいた汗は時間の経過で臭いに変わりますから、汗をかいたらすぐふき取り、汗ふきシートやデオドラントシートでワキの下を清潔にしましょう。薄めたミョウバン液を(水150mlに対し、ミョウバン5~10gをとかしたもの。)を服にスプレーしておくのも効果あると言われています。体を洗う石鹸は殺菌作用や消臭効果のあるものを使用し、湯船に5分以上つかって、毛穴を開き、汗をかいてから体を洗いましょう。汗を無理に抑えるのはよくありません。抑えるのでなく、かくことで汗が循環され、質がよくなり、臭いも抑えられます。水分補給して毎日の運動を心がけて、なるべく汗をかくようにしたほうがいいです。(看護師)

汗に良い食事、さっそく今日の食事から取り入れていきたいですね。また運動や入浴で汗をしっかりかいて質の良いサラサラの汗を流すと、汗の匂いも改善されるでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加