体臭

2015/02/18

気になる加齢臭を防止するにはどうすればよい?

気になる加齢臭を防止するにはどうすればよい?

40代になると、自分の身体から発せられる臭いが気になるという男性も少なくないようです。いわゆる加齢臭について、どのようなことに注意すれば防止することができるのでしょうか。

40代男性からの相談:「加齢臭を抑えるために、効果的な方法は?」

加齢臭が気になる年齢になり、臭いを抑えるためにできることは色々しようと思っています。加齢臭を防止する際に一番気を遣うべきは、やはり食事なのでしょうか。それとも石鹸など、別のことにも積極的に気を遣うべきなのでしょうか。

生活習慣の見直しで改善可能!

加齢臭は男性ホルモンの影響や、身体が老化して酸化が進むことで臭いが起こります。これは普段の食事やその他の生活習慣を正すことで、防止することができるようです。

汗や皮脂などの老廃物や男性ホルモンの影響、また男性特有の臭い成分があることが分かっており加齢臭を100%抑えることは難しいですが、食生活や生活習慣の見直しで改善できるかと思います。(看護師)
40才を過ぎると脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加、そのため酸化反応が起きて臭いが発生します。加齢臭の発生を防ぐためには、生活習慣病を予防するのと同じ対策で改善できるでしょう。(看護師)
脂肪や糖分の摂り過ぎは皮脂の分泌が増え臭いの元になるので、野菜中心でバランスのとれた和食を心がけてください。乳製品を摂って腸内環境を整え、便秘をしないことも体臭予防になります (看護師)
不規則な生活は身体の酸化を促進します。しっかりと休養し趣味やスポーツでストレスを発散するなど、健康的な生活を心がけましょう。また、スイミングやウォーキングなどの有酸素運動は、身体の酸化を防ぐのに効果的です。(看護師)
タバコやお酒は、過剰に摂取すると身体への負担になり酸化を早めますし、また睡眠不足も細胞の修復が十分に行われず、身体の酸化が促進されます。(看護師)

洗髪後はしっかりすすぎ、しっかり乾燥

頭皮は汗をたくさんかくので、臭いの原因になることも。丁寧に洗髪した後はすすぎをしっかりとして、濡れたままだと雑菌が繁殖するのできちんと乾かしましょう。

頭皮の汚れはお湯でほとんど落ちるので、湯船につかって汗をかいた後に、お湯で頭全体をよく流してください。シャンプーは手で泡立て、爪をたてず頭皮をマッサージするように洗い、シャンプーが残っていると雑菌が繁殖しやすく臭いの原因になるので、充分すぎるほど流してください。(看護師)
水分が残っていると菌が増殖するので、シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かしましょう。身体は、消臭効果や殺菌効果のある石鹸やボディーソープを使い、耳の後ろも忘れずに洗ってください。また衣類は清潔なものを着用し、洗濯する時は酸素系漂白剤に浸してから洗濯すると、殺菌効果があり消臭にもなります。(看護師)

気になる加齢臭は、日頃の生活習慣を見直すだけでも、ある程度は改善されるようです。また髪の毛を洗った後は、しっかりすすいでよく乾かすことで雑菌の繁殖を防ぎ、臭いの発生を抑えることができます。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加