口臭

2015/02/18

口臭対策。ガムを噛めば臭いは消える?

口臭対策。ガムを噛めば臭いは消える?

口の中の嫌な臭い。食後などは特に気になって、人と話すのを躊躇してしまうことはないでしょうか。口臭予防に効果的なガムとはどのようなものか、またその他にも口腔環境を整えるためには、どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。

50代男性からの相談:「気になる口臭には、どんなガムを噛むとよい?」

食事の後は口が臭いやすく、一時的に口臭を抑えるためにガムを噛んでいます。口臭対策として最も効果があるガムを知りたいです。臭いを消すのに効果的な成分が含まれているガムなどあれば教えて下さい。

虫歯予防にもなるキシリトールなどオススメ

口臭予防だけではなく、虫歯予防にも効果があるキシリトールガムなどがオススメです。噛んでいて口の中がさっぱりとする、ミント系などもよいと思います。

口臭を予防する4つの生活習慣

ガムを噛むこと以外にも、口臭を予防することはできます。口腔内の環境を整える、食事内容に注意するなど、いくつかのアドバイスがあるので参考にしてください。

その1.口腔環境を整える

口臭のほとんどは何らかの口腔内の問題によって発生し、虫歯や舌苔(舌に発生する苔)、歯肉の炎症や唾液の分泌不足などが原因となります。まず歯科検診を受け、口腔内に問題がないことを確認しましょう。(看護師)
できれば歯ブラシを持ち歩き、食後は歯磨きをするようにしてください。まずは口の中の疾患・虫歯・歯石・歯槽膿漏・歯肉炎などがあれば、歯医者で治療しましょう。舌に白い苔のようなものがついていれば、舌ブラシでやさしくブラッシングして除去し、歯磨きは歯間ブラシなども使い歯垢が残らないよう隅々まで磨いてください。(看護師)

その2.唾液の分泌を促す

唾液の分泌低下も口臭の原因に。食事の前に耳の下から顎にかけてマッサージし、よく噛んで食べるようにしてください。また、適宜水分補給をして口が乾燥しないようにしましょう。ガムを噛むことも、唾液の分泌を促し口臭予防になります。(看護師)

その3.食生活に注意

食事は臭いのきつい物、脂肪を多く含む肉の脂身やバターや洋菓子、チョコレートなどの甘い物は控え、野菜や果物、海藻類やキノコ類、大豆製品、乳製品など、バランスのとれた食事で腸内環境を整えてください。リンゴやパイナップルは天然の歯磨きとも言われており、レモンは口がさっぱりして唾液の分泌も促します。(看護師)

その4.体調を整える

便秘も口臭の原因になるので、軽い運動をして腸の動きをよくしてください。飲酒や喫煙は控え、疲れやストレスで体調が弱っている時も口臭が発生するため、睡眠を充分にとって身体を休めてください。(看護師)

口臭対策には、虫歯予防もできるキシリトール配合のガムや、殺菌効果がある緑茶成分配合のガムなどがよいようです。また、生活習慣も口臭に関わっているので、できることから改善してみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加