薄毛

2015/02/15

コラーゲンが丈夫な髪を育てるって本当?

コラーゲンが丈夫な髪を育てるって本当?

髪の毛が気になりだすと、薄毛対策のさまざまな情報が耳に入ってくるもの。たとえば、コラーゲンは育毛効果があるとしていろんな製品が市販されていますが、コラーゲンが髪に良いというのはいったい本当なのでしょうか。どのように作用するのでしょうか。

40代男性からの相談:「コラーゲンは育毛に良いと聞いたのですが」

私は若い頃からどちらかというと髪の毛が薄い方でした。それほど気にしていなかったのですが、最近友達から指摘され気になりだしました。友達がコラーゲンが育毛には良いというのですが、それはなぜなのでしょうか?

コラーゲンが髪にとって重要な理由

コラーゲンとは毛髪にとってどのような役割を果たすのでしょうか。また、コラーゲンが不足することで髪が薄くなるという話の信ぴょう性についても考えてみましょう。

髪の毛が生える頭皮にはいくつもの層があり、一番外側が表皮でその内側が真皮になります。髪の毛は毛穴から生えていますが、その毛根があるのは真皮です。真皮はほとんどがコラーゲンで生成されているため、毛根の成長にはコラーゲンが重要といわれているのです。(看護師)
コラーゲンは毛細血管を通り、コラーゲン層を通って、毛乳頭という毛根から吸収されます。真皮のコラーゲンが代謝不足になると、健康な髪の毛が生えるための栄養が足りなくなります。コラーゲンが不足すると、生えてくる髪の毛は毛根が弱く細いものとなり1つの毛根から生える量も少なくなるため、薄毛といわれる状態になるといわれています。(看護師)
直接コラーゲンが育毛に効果があるわけではありません。コラーゲンを多く摂ることで肌のきめが改善し、毛根のつまりが改善して髪に栄養が行き届くことで育毛の効果が実感できるのです。(看護師)

効果的なコラーゲンの摂取方法とは

なるほど、コラーゲンは頭皮環境を整えて健康な髪を育てる土壌であり栄養でもあるというわけです。それでは、薄毛対策としてコラーゲンを上手に取り入れるにはどのような方法が効果的なのでしょう。

直接コラーゲンを頭皮に与えるようなシャンプーもありますが、コラーゲンは口から取り入れる方がより効果的です。(看護師)
必ずしも男性向けの製品でなくても効果は期待できます。コラーゲン配合のサプリメントや飲み物、ゼリーなども販売されているので、試してみてはいかがでしょうか。 (看護師)

太く強い髪を育てるために不可欠なコラーゲン。直接頭皮に与えるのではなく、飲料やサプリメントとして身体の中に取り込むことが薄毛対策としては効果的なようです。さっそく毎日の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加