ED

2015/02/09

モテホルモンのテストステロンの分泌を促す3つの方法とは?

モテホルモンのテストステロンの分泌を促す3つの方法とは?

男性ホルモンのテストステロンは、別名モテホルモンとも呼ばれ女性を惹きつけるホルモンとしても有名ですね。今回の50代の男性からの相談は普段の生活の中でテストステロンの分泌を上げることは出来ないか、というものです。日常生活でどのようなことに気をつければ良いでしょうか?

テストステロンは男らしさを強めるホルモンです

テストステロンは主に男性の睾丸で生成され、男性ホルモンの約90%以上を占めるホルモンです。このホルモンは肉体と精神の両方に作用すると言われています。

肉体:骨格や筋肉を発達させ男性らしい肉体を作ります。

精神:チャレンジ精神や積極性などの精神面にも強く影響を及ぼします。また、脳の認知機能に作用し、決断力や判断力を高める効果もあると言われています。

テストステロン値が高い男性は、冒険心があり、リーダーシップをとり、行動力がある、また、男性らしい体であるというところから、女性を惹きつけるモテホルモンと呼ばれていると考えられます。

テストステロンの分泌を促すために食事、運動、睡眠不足に気をつけましょう

テストステロンは普段の生活習慣によって分泌を促すことが可能です。

(1)食事

テストステロンを増やすために、食生活では、精力増強に効果があると言われている、亜鉛を含む食品、タマネギやにんにくなどを中心に、蛋白質やビタミン、乳製品、繊維質、ミネラルなどを摂るといいでしょう。亜鉛は、牡蠣、アサリなどの貝類、牛肉、豚レバー、うなぎ、卵黄、大豆製品、カシューナッツ、バルメザンチーズなど多くの食品に含まれています。

(2)運動

定期的な運動をすることと、汗をかき、きついと思うぐらいの筋トレを毎日続けるのもテストステロンの分泌を促進させると言われています。

(3)睡眠

テストステロンは夜眠っている間に補充されます。睡眠不足はテストステロンが補充される時間が短くなる、と言えます。寝る前のアルコール摂取も眠りが浅くなるためオススメできません。また、慢性的なストレスもテストステロンの分泌を抑制してしまいます。

テストステロンの分泌を高める3つの方法を紹介しました。毎日の習慣を変えモテホルモンの分泌をよくすると、仕事も恋愛もうまくいくかもしれませんね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加