健康

2015/02/07

尿漏れの対策はどんな方法が考えられるか?

尿漏れの対策はどんな方法が考えられるか?

年齢とともに増えてくる尿漏れの悩み。気になると、思うように外出もできないし、仕事にも集中できません。いったい、尿漏れにはどのように対処していくのが良いのでしょうか。

50代男性からの相談:「尿漏れの対策はどんな方法がありますか」

お恥ずかしい話ではあるのですが、尿漏れの症状がひどく、時々パンツがぐしょ濡れになってしまうことがあります。仕事中にこの状態になると座って仕事をするのも気持ち悪くなってしまいます。こういった症状の場合は、みなさんはどのような対策をされているのでしょうか?こまめに下着をはき替えたりされているのでしょうか?

男性の尿漏れの原因

男性にも女性にも起こり得る尿漏れ。尿漏れパッドなどの市販品はありますが、対策を考える前に、どういったことが原因になっているのか考えてみましょう。

男性の尿漏れの原因には年齢による膀胱筋力の低下や、腹部の圧迫によるもの、前立腺肥大症や前立腺ガンなどの疾患によるもの、活動性膀胱など、いろいろなものが考えられます。症状によって尿漏れ、尿失禁と分類されます。(看護師)
尿漏れとは、膀胱括約筋の柔軟性が弱まることで膀胱に尿を貯められなくなって、尿道を伝わり少量ずつ体外に出てくる状態です。原因と考えられているのは排尿をコントロールしている筋肉量が減少してしまい、尿道を締めたり緩めたりする力が衰えてしまった状態です。(看護師)

尿漏れを改善する方法

尿漏れは筋力低下や前立腺疾患、物理的圧迫など、さまざまなことが原因として考えられるとのこと。日常生活の中で自分で改善できる場合もあるようですが、専門家に相談した方が良いものもあるようです。

重い物を持った時やくしゃみの時など腹圧がかかった時に尿漏れする場合は、日常生活でも改善できます。男性は女性に比べて尿道が長いので、排尿後も尿が残っていることがあります。排尿の時は絞るようにして完全に尿を出し切ること、時々、肛門にきゅっと力を入れる運動を数回、繰り返してみてください。(看護師)
尿漏れは、自分の意識と関係なく起こってしまうものですから、尿漏れの原因を特定し、それにあわせた治療と平行した上で対策を立てたほうが効果が上がると思います。(看護師)
昼夜問わず頻尿があったり、急に間に合わないような強い尿意があったり、我慢できず失禁してしまうことがあるなど、ご自分の症状を書き出して泌尿器科にご相談されてはいかがでしょうか。治療を行なった上で、食事改善や生活指導、内服と合わせて、市販されているサポートグッズなども取り入れれば万全かと思います。(看護師)

尿漏れ改善のポイントは、まずご自身の症状を把握すること。しばらく症状を記録したうえで医療機関に相談し、ご自身にあった治療、対策を取り入れていくのが良いようです。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加