ED

2015/02/06

若年性EDとは何か?

若年性EDとは何か?

EDは年齢が高い場合に起こる症状と思いがちですが、実は若い人で行為中にたたない場合もEDの可能性が考えられます。若者に見られる若年性EDとは、どんな症状なのでしょうか。また改善の方法はどうすればよいでしょうか。

そもそもEDはどのような原因で発症するのか?

まずED(勃起不全)の原因を探ることが重要です。何らかの問題があってEDが起こっているのか、それとも精神的なものなどが考えられます。病院での診察や検査などで確認してみましょう。

一例として、EDの原因に以下のようなものがあります。

1.器質性ED:加齢に伴うもので動脈硬化などにより陰茎海綿体に十分な血液が流れずEDが起こりやすくなります。

2.心因性ED:ストレスがあると神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなります。原因は様々で仕事や夫婦関係などの日常生活におけるストレスや、セックスがたまたまうまくいかなかった時に生じたトラウマなどもありえます。

3.混合型ED:上記の器質性EDと心因性EDが混在したもの

4.薬剤性ED:薬剤によりEDが起こることがあります。解熱剤や消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗うつ薬、消化性潰瘍治療薬などがこれらに含まれます。

若年性EDの原因の多くは心因性EDか?

若年性のEDは心因性EDが多いと言われていますが、この場合はどんな精神的な原因が考えられるのかを、本人がよく考えてみる必要があります。また本人では解決できない場合は、ED外来や泌尿器科での治療を受けると良いでしょう。

病院ではまず問診から始まり、問診ではEDの原因、勃起能力について医師と話し合い、EDの内服薬が必要な場合は安全にそのお薬が服用できるかを確認するために、必要な検査が行われます。 EDの治療に使われるお薬に含まれる有効成分は異なりますが、いずれも勃起を妨げる酵素の働きを阻害し勃起の機能を正常化するものです。また病院でも心因性と診断されれば、薬の処方だけでなくカウンセリングなどで改善を模索する場合もあります。

気をつけておきたいことは、EDの診察は健康保険が適用されない自由診療であることです。病院側で診察や治療薬の値段を決めることができ、診察料や薬代など全て自費となります。現在はホームページなどで情報を発信しているクリニックも多いため、調べてみるとよいでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加