薄毛

2015/02/04

アロエ育毛剤は効果があるが、使用には要注意?

アロエ育毛剤は効果があるが、使用には要注意?

よくご家庭の庭などでも栽培されているアロエですが、食べてもよし、塗ってもよしで、何にでも効く万能薬だと昔から言われています。このアロエは育毛にも効果があるらしいのですが、具体的にはどのように使えばよいのでしょうか。

30代男性からの相談:「アロエの育毛剤の効果」

アロエは育毛に効果があるそうですが、具体的にどのような効果をもたらすのか知りたいです。また自分でアロエを買って、アロエ液のようなものを作って頭に塗るとよいという話も聞きましたが、自分で作れるものなのでしょうか。

アロエの液は、皮膚のかぶれなどに注意

アロエは、頭皮の環境を整え育毛にも効果がありますが、刺激が強く人によってはアレルギーがあることも。頭皮に直接塗る場合は、事前に手などに少し塗って、かぶれたりしないかどうかパッチテストを行うようにしましょう。

アロエは昔から「医者いらず」と言われ、殺菌作用や血行促進、胃腸、血圧、軽いやけど、怪我、美肌にも効果のある万能薬とされてきました。最近は化粧品や日用品にも使われており、頭皮を健康な状態にして髪を活性化させるため、育毛効果があるとしてシャンプーなども商品化されています。(看護師)
頭皮につける場合、アロエをすりおろしたものをつけますが、強い成分の為かぶれることがあります。事前に手足の皮膚でパッチテストを行い、最初は薄めたものから部分的に試してください。アロエにも種類がありどれでもよいというわけではなく、一般的にアロエベラが効果的だと言われています。副作用を起こしやすいのが、キダチアロエ、ケープアロエです。購入の際、よく確認してください。(看護師)
アロエに含まれるタンニン酸という成分が育毛を促進する作用があるようですが、手作りアロエ液を頭皮に塗る場合は十分注意が必要です。アロエを塗ることで、頭皮にかゆみや赤みやかぶれが出たり、アレルギー反応を起こすこともあるため、事前に確認してから使用しましょう。また、液体を作る際の容器や保存容器は十分に熱湯消毒して下さい。消毒が不十分で雑菌が繁殖したものを使うと、頭皮を痛めることもあります。(看護師)

アロエは他の食材に混ぜると食べやすい

アロエは苦味が非常に強いため、そのまま食べるには不向きです。ヨーグルトなど他の食材に混ぜるとよいでしょう。また、過剰に摂取すると身体に悪い影響が出ることがあるので、注意してください。

アロエは強い苦みがあるため、単品で食べるのは難しいと思います。外皮をきれいに取り除き、他の果物とジュースにしたり、料理に使ったり、ヨーグルトをかけて召し上がるとよいでしょう。またご自身でお茶にする場合は、600mlの水にアロエを大さじ1~2杯入れて沸騰させ、その後とろ火で8分ほど煮詰めます。アロエは大量に摂ると下痢になったり、腎障害や出血傾向になったりするので、摂りすぎには注意してください。(看護師)

アロエは化粧品やシャンプーなどに使われていることもあり、頭皮の健康のためにもよいようです。しかしアロエでアレルギーを起こす人もいるので、頭皮に塗る際は事前に確認してから使用し、食べる時は摂りすぎに注意をしましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加