薄毛

2015/02/02

亜鉛で育毛を促進させる4つのポイント

亜鉛で育毛を促進させる4つのポイント

薄毛解消のために必要な栄養素は色々とありますが、亜鉛が効果的だという話を聞いたことはないでしょうか。何となく髪によいというイメージはあるものの、どのような食材からどの程度摂取すればよいのでしょうか。

30代男性からの相談:「薄毛に亜鉛が効果的というのは本当か」

薄毛と亜鉛についての質問です。亜鉛が育毛を促進させるというのは、本当なのでしょうか。亜鉛が良いというのはなんとなくわかるのですが、実際のところ、あまり髪の毛が生えてくるというイメージはありません。亜鉛の摂取の仕方なども関係があると思うのですが、どのようにして亜鉛を摂るのが髪のために一番良いのでしょうか。

亜鉛は髪の生成に必要な栄養素

亜鉛が不足すると、髪の毛の生成に影響が出てしまい、薄毛などの髪トラブルの原因になってしまうようです。

髪の毛を作る時にはアミノ酸(主にケラチン)や亜鉛が必要ですが、亜鉛が不足していると髪の生成がきちんとできず、抜け毛・薄毛・白髪などの原因となってしまいます。また亜鉛は髪の毛の生成のみだけではなく、身体の味覚・皮膚・粘膜などの機能を維持する大切な役割もあります。(看護師)

育毛を促進させる効果的な亜鉛の摂取方法

髪によい亜鉛ですが、どうせ摂るならできるだけ効果的な方法で摂取したいもの。以下に、亜鉛を摂る際に気をつけたい点など、いくつかのポイントをご紹介します。

ポイントその1.亜鉛は1日15mg
亜鉛は1日15mgを目安にしてください。摂り過ぎたり一度に摂取すると、頭痛・貧血・嘔気などの急性中毒になることもあるので、朝夕に分けて摂取するなどするとよいでしょう。亜鉛を含む食品として、牡蠣・アサリ・ゴマ、納豆などの大豆製品・豆類・チーズ・アーモンドなどがあります。

ポイントその2.サプリメントを利用しても
サプリメントなどで摂って頂いても構いません。サプリメントの場合は食後に飲み、中毒症状が現れた場合は摂取量を減らしてください。長期的に飲む時は、ビタミンやミネラルなども合わせてバランスよく摂りましょう。

ポイントその3.ビタミンCとクエン酸で吸収率UP
ビタミンC・クエン酸を一緒に摂ることで、身体への吸収が高まり育毛効果がUPします。また、ビタミンCは血管の働きを滑らかにする役割もあるので、代謝機能が向上し育毛促進を助けます。反対に、一緒に食べると亜鉛の吸収率を下げる食材として、食物繊維・緑黄色野菜・インスタント食品・パンなどが挙げられます。

ポイントその4.
亜鉛は継続的に摂取する必要があるので、長期的な目で見て根気よく続けましょう。また、ストレス・飲酒・激しい運動などは亜鉛を多く消費してしまうので、知らないうちに亜鉛不足になる可能性もあります。日頃から、生活習慣に気をつけることも大切です。(看護師)

亜鉛は髪の毛には必要な栄養素なので、普段の食生活に取り入れるとよいようです。一緒に食べるとよい食材などを参考にし、時にはサプリメントを利用したりして根気よく適量を摂ることが大切です。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加