ED

2015/02/02

ED解消法には「おさかなすきやね」という食材がカギ

ED解消法には「おさかなすきやね」という食材がカギ

EDの原因の一つに骨盤周りの血行不良があります。そのため下半身のトレーニングや血行をよくするための食材摂取が重要となります。今回は「おさかなすきやね」という食材が挙げられていますが、どんな食材でしょうか。

40代男性からの相談:「ED解消法はなにがあるのか」

EDの解消法を教えて欲しいです。病院治療もあるようですが、まだ早いと思っています。ほかの方法で解消法があるようであれば、知りたいです。食事や運動などで解消する方法はあるのでしょうか?

「おさかなすきやね」という食材がED解消法のカギ

EDは骨盤周辺の血行不良が原因です。運動不足などもありますが、栄養バランスが傾き血液中の脂肪分が増えると血行不良を促進します。食材はなるべく脂肪分の吸収を防ぐような食材を取り入れましょう。キーワードは「おさかなすきやね」です。

それではまず、ED(勃起障害)のメカニズムですが、これは血行不良で骨盤の中の血の巡りが悪くなる事で勃起が妨げられるために起こります。普段の生活で栄養のバランスが悪いと、血液中の脂肪分の数値が増え、さらに運動不足で筋力が衰えるとますます血行が悪くなり悪循環です。(看護師)
血液サラサラ、おまけに脂肪分が吸収されにくい食材のフレーズ、ご存知ですか?「お、さ、か、な、す、き、や、ね」そう、血液がサラサラになる食材の頭文字。お茶、魚、海草、納豆、酢、キノコ、野菜、ネギの8つの食材を上手に取り入れてください。(看護師)

下半身のトレーニングが重要だが、自転車には注意

下半身周りの血行促進ということで、トレーニングではスクワットがおススメです。自転車なども下半身を鍛えるには良さそうですが、サドルの影響で血行を悪化させる可能性があり、注意が必要とのことです。

運動ですが、下半身を中心に鍛えると、ED対策によいと言われており、メニューとしてはスクワットがおすすめです。日々のトレーニングにぜひ取り入れましょう。(看護師)
また、下半身の運動という点で注意したいのが自転車です。これは、自転車のサドルで、勃起に使われる血管や神経を圧迫、陰茎の血行が悪化します。特にマウンテンバイクなど前傾姿勢で乗るタイプには注意が必要です。(看護師)

EDを解消するため、薬などを服用するのも良いですが、普段の食生活の改善や簡単なトレーニングを行うだけでも変化があるかもしれません。ぜひ取り入れてみましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加