ペニス増大手術の種類と効果は?かかる費用と口コミを徹底調査!

  • 作成日:2017.08.29
  • 更新日:2017.08.29
陰茎

ペニスに対して何らかの不満を抱く男性は国内にごまんと居るでしょう。

それを解消しようと考えた場合なかなか良い方法が見つからないのではないでしょうか。
その場合に確実に成果が出る方法として増大手術や長茎手術が挙げられます。

手術をすることで悩みを解消するだけでなく、理想的なペニスを手に入れることも可能となります。

スポンサーリンク

ペニスを大きくしたい場合は手術が効果的?

自分のペニスの大きさに不満がある場合、手術によって大きさを変化させることも可能です。
海外ではペニス増大手術を行う人も少なくないですし、それが当たり前になっています。

日本国内でも現在では増大手術を行ってくれる医療機関が増えているため、不満を解消するために手術を選択する人も増加傾向にあります。

手術の場合、増大トレーニングや増大サプリを使用するよりも早く大きさを変えることが出来ます。
何より目に見えてペニスの大きさや長さが変わったことが分かるため、変化に対する実感を得られやすいという特徴もあります。

では増大手術を行う場合に選択できる手術法はどのようなものがあり、それぞれの特徴とはどのようなものなのでしょうか。

ペニス増大の手術法とはどんな方法?その種類は?

自分のペニスを今の状態から変えたい場合に効果的なのが増大手術と言う方法です。
この増大手術には大きく分けて2種類の方法があり、

  • 「増大治療」
  • 「長茎手術」

と呼ばれる方法になります。
この2種類の違いは非常に明確で、

  • 増大治療はペニスを大きくする治療法、
  • 長茎術はペニスの長さを長くする手術法となります。

自分のペニスの長さに不満はないが、太さに不満がある場合には増大治療を選択する事で不満を解消できます。
逆に太さは十分だけれど長さが短いのがコンプレックスという男性であれば、長茎術を選択する事で長さを変えることが出来ます。

それぞれに太くするのか、それとも長くするのかという特徴がありますので、自分のペニスの状態に応じて治療法をチョイスすることが出来ます。

ペニス増大治療の種類は2つ!違いはなに?


ペニス増大治療には2種類の方法が用意されています。
どちらを選択した場合でも現状よりペニスの大きさを大きくすることが出来ますが、2つの方法には大きな違いがあります。

そのためそれぞれの違いやメリット・デメリットを理解しなくてはいけません。

2つの方法となるのが

  • ペニスにメスを入れて行う「切る増大手術」
  • メスなどを使用しない「切らない増大手術」があります。

切る増大手術とは?その特徴とメリット・デメリット

【特徴】

ペニスを切ることで増大効果を得られる方法は、包茎手術に非常に近い方法となります。

ペニスの中でも先端部分である亀頭は、全てが露出されることで初めてその全貌が分かるものといえます。
しかし仮性包茎や真性包茎の場合亀頭部分が常に隠れているため、露出していない状態になっており、それがペニスを小さく見せている原因となってしまいます。

亀頭がしっかりと露出することで亀頭部分が衣類などに触れて強化されますし、その刺激により大きさにも影響を与えることが出来ます

【メリット】

切る増大手術とは隠れている亀頭を露出させることが狙いですので、包茎である場合には包茎を直すとともに大きさも大きくできるというメリットがあります。
陰茎を太くする際にも切る増大手術を行うことが出来ます。

この場合には陰茎を切開し中にシリコンプレートを埋め込むことで太さを変化させることが出来ます。
シリコンを入れることで自然な感じで太さを太くすることができるわけです。

【デメリット】

デメリットとしては亀頭を露出させるために皮を切るなどの施術を必要とします。

そのため増大手術後にはしばらくの間(1週間程度)入浴や激しい運動などに制限がかかることになります。
場合によっては通院をすることもありますので、その点がデメリットとなります。

切らない増大手術とは?その特徴とメリット・デメリット

【特徴】

切らない増大手術とはメスを使用することなく施術を施す方法です。
主な方法としてはペニスの大きくしたい部分に対し、注射でヒアルロン酸やシリコンを注入する方法となります。
シリコンやヒアルロン酸を注入することですぐに増大効果を得られるのが特徴となります。

【メリット】

ヒアルロン酸などの注入するものは安全性が確認されていますので安心して施術を行うことが出来ます。
施術時間も5~10分程度と非常に短いのも特徴といえます。
そのため施術後はそのまま帰宅できますし、切る増大手術とは異なり入浴などの制限もありません。

【デメリット】

デメリットとしてはヒアルロン酸の場合徐々に体に吸収されていくため、増大効果を維持できる期間が限られています。
時間にして1年~1年半程度で再度ヒアルロン酸を注入しなくてはいけないので、永久的に増大効果が続くわけではありません
これは費用負担が増えることにも繋がるので切らない増大手術は費用面での問題もあると考えておきましょう。

増大治療でペニスを増大できるのはどの部分?


増大治療によりペニスを大きく出来ますが、ペニスのどの部分を大きくできるかによって見た目の印象も異なります。

何より人によって増大させたい部分は異なっているわけですので、希望する部分を大きくできるかどうかが重要となるわけです。
増大治療では亀頭・カリ・陰茎を増大させることが出来ますので、それぞれのメリットと増大方法を正しく理解しておくことがトラブルの無い増大に繋がります。

亀頭を増大するメリットと方法

亀頭を増大させることのメリットは、見た目の形状の美しさを生み出せることが挙げられます。
それとSEXの際の挿入時に最初に膣内に入るのが亀頭となるので、大きさをアピールすることができるというメリットがあります。
先細の亀頭の場合には挿入時にペニスの大きさをアピールできません。

しかも見た目にも貧弱そうなペニスに見えるため、増大させた場合の効果は非常に高いものとなります。
方法としては切る増大手術とヒアルロン酸などを注入する切らない増大手術どちらでも行えます。

カリを増大するメリットと方法

カリはペニスの先端に位置する部分であり、むき出しになっている根元の冠部分のことを言います。
この部分が小さい場合、SEX時に女性に対して快感を与えるのが難しく満足できるSEXを行うことが出来ないということもあります。
しかしカリが大きければ挿入時にその部分が膣内を擦ることで快感を与えることが出来、女性も満足できるSEXが可能になります。

見た目の印象もアップできるのでカリを増大することは非常にメリットが大きいと言えます。
方法としては切らない増大手術でヒアルロン酸を注入することですぐにカリ高と呼ばれる状態にすることが出来ます。

陰茎を増大するメリットと方法

陰茎を増大させることのメリットは、太さを太くすることができるため見た目にも男性らしさをアピールできることです。
さらにSEXの際の挿入時にも女性を喜ばせることが出来ます
細い陰茎では挿入しても女性が快感を得られ難いですので、太さというものはとても重要な意味を持つことになります。

陰茎を増大させるにはヒアルロン酸やシリコンを入れ込むことで太くすることが可能となります。
ヒアルロン酸の場合は陰茎に注射器で注入、シリコンの場合は切開してシリコンプレートを挿入する方法となります。

ペニス増大手術をするのにおすすめのクリニックとは?


ペニスの増大手術を行う場合、何処のクリニックを選ぶかもとても重要となります。
何故ならクリニック選びを失敗してしまうと、色々な問題が起こる可能性があるためです。
例えばせっかく増大手術を行ったのにもかかわらず自分の希望する大きさになっていないといったトラブルも考えられますし、費用が明瞭でないということもあります。

そのため手術を行う場合には実績があるクリニック、手術費用が明確であるクリニック、そして評判の良いクリニックを選ばなくてはいけません。
増大手術で実績があるクリニックはそれだけ手術をこなしている回数も多いわけですからその点においても安心感があります。

おすすめのクリニックとしてはABCクリニック美容外科・上野クリニック・東京ノーストクリニックの3つが特におすすめとなります。

ABCクリニック美容外科

ABCクリニック美容外科は費用面での評判が高く、非常に分かり易く明朗会計なクリニックとなっています。
明記された費用以外を後から徴収するということもありません。
しかも事前にしっかりとカウンセリングを行ってくれるため納得の上で手術を受けることが出来ます。

上野クリニック

上野クリニックは全国的にも知名度が高いクリニックで、年間の手術数も多いため確実な腕を持っている医師が常に在住しています。
カウンセリングにより悩みをしっかりと聞いてくれますので安心感も高いクリニックです。
その悩みを解消する方法を提示してくれますし、希望に沿った手術を行ってもらえます。

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニックは全国に31もの医院を開設している人気のクリニックです。
切る増大手術・切らない増大手術どちらも行ってもらえる点は評価が高いポイントです。
利用者の評判も高く全国で利用できるため利便性も高いクリニックといえます。

長茎手術とはどのような手術?その効果とは


長茎手術とは読んで字のごとくペニスの長さを長くするための手術法です。
いわゆる短小と呼ばれるペニスの場合、長さが短いことがコンプレックスとなります。
しかも太さは太いのに短いことで見た目の印象も損なってしまいます。

SEXの際にも長さが短いことで女性を喜ばせることが出来ないこともあるため、長さに不満を持っている男性は長茎手術を行うことも考えたほうが良いでしょう。
長茎手術の方法としては、体内に隠れている陰茎を引っ張り出すことで長さを長くすることが出来ます。
ペニスの陰茎は基本的に体内にその多くが隠れている形となっており、勃起時などにそれが血液の流れ込みで大きくなり外に出てくることになります。

しかし通常の状態では体内に引っ込んでいるためどうしてもペニスが短い状態になってしまうわけです。
それを解消できるのが長茎手術という長さを長くする方法となります。

切る長茎手術とは?

長茎手術では隠れている陰茎を切る手術と切らない手術で引っ張り出すことが出来ます。
切る方法は「靭帯剥離法」と呼ばれる方法で、陰茎の裏側にある靭帯を切ることで隠れている陰茎を外に出すことが出来ます。
メスを使用して切るため出血もありますし手術後は当面の間安静にしておくことも必要となります。

しかし靭帯を剥離したことで確実に長さを長くすることが出来ます。

切らない長茎手術とは?

切らない方法は「埋没陰茎長茎手術」と言う方法で、隠れている陰茎を物理的に引っ張り出すことで長さを長くすることが出来ます。
この方法ではメスを使用して切開するということがないので痛みも少ないですし出血などもありません。
もう一つが「脂肪吸引法」という方法で、お腹の脂肪により陰茎が埋没していた場合に脂肪を吸引することで埋没状態を改善する方法となります。

デメリットとしては埋没陰茎長茎手術に関しては手術後しばらくの間は陰茎が引っ張られるような感覚になりますがそれ以外に目立ったデメリットはありません。
脂肪吸引法の場合、再度脂肪が付いてしまうとまた陰茎が埋没してしまうので、その場合にはまた脂肪吸引を行う必要があります。

長茎手術でおすすめのクリニックは?


長茎手術を得意としているクリニックとしては、増大手術でも人気の高かったABCクリニック美容外科が特におすすめです。
ABCクリニックでは増大手術だけでなく長茎手術にも定評がありますし、患者目線での治療を行ってくれるため評判も高いクリニックといえます。
費用面での透明性も高く、明確な料金を提示してくれますので安心です。

アフターケアに関してもしっかりしたサービスを提供していますので、全ての面において安心して利用できるクリニックと言えるでしょう。

ペニス増大手術は他にもあるの?

ペニス増大手術としては、増大治療と長茎手術が主な方法となります。
ただ他にもペニスを増大させることができる方法はあり、それがシリコンボールをペニスに挿入する方法となります。
このシリコンボール挿入はシリコンで出来た5ミリ程度のボールをペニスに埋め込む方法で、SEX時の挿入の際に女性に快感を与えることができるものとなります。

ボールを埋め込むため見た目に凸凹した状態になりますが、それが快感を与えることに繋がります。
陰茎にボールを埋め込んだりカリのあたりに連なったシリコンボールを埋め込むなどの方法があります。

長茎手術や増大治療とは趣が異なる治療法ですので、あくまでもオプションとして考えておくほうが良いでしょう。

【9月最新】ペニス増大サプリランキング
36ヶ月売り上げno1!不動の人気商品!
>>詳細はこちら
満足度92%!3大成分を豊富に配合!
>>詳細はこちら
米国・タイで100万個の売り上げた人気商品!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

ペニスを大きくしたい方におすすめ!

【厳正】増大サプリおすすめランキング!効果の高い商品はコレ!

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は増大サプリの効果と選び方をランキングで紹介していきます!

増大サプリでペニスは大きくなる?効果・成分を徹底調査!

ペニスが小さくて人前で脱げない…。パートナーも多分満足してなき…。そんな方におすすめの増大サプリを解説します!