ペニス増大器具は効果がある?種類とおすすめ商品を徹底調査!

  • 作成日:2017.08.28
  • 更新日:2017.08.29
陰茎

ペニスを大きくする場合に器具を使用することでそれを確実に行うことが出来ます。

これはペニス増大器具と呼ばれるもので、それを使用することにより物理的な刺激をペニスに与えます。
器具を使用した場合には、その効果により大きなペニスを作り出せるのです。

器具の特徴を知ることで確実な効果を得ることも可能となりますので、大きさを求める場合には、まず器具に付いての知識を得ることがポイントとなります。

スポンサーリンク

ペニス増大器具とは?使用することで得られる効果

自分のペニスに自信が持てない男性は相当数居るといわれており、大きさが小さいがために女性に対してのアプローチにも影響が及ぶ場合があります。
パートナーが居る場合にも相手を満足させることが出来ていないのではないかと不安になることも考えられ、それがSEXにも影響を及ぼすことも少なくありません。

そうならないためにはペニスを大きくする努力が必要となり、そのために使用すると便利なのがペニス増大器具と呼ばれる道具となります。

ペニス増大器具には種類がある?

男性のシンボルであり大きさにより男性としての自信を持つことができるのがペニスです。
しかし生まれ持ってペニスが小さい場合には放っておいても勝手に大きくなるということはありません。

その場合ペニス増大器具を使用することで大きさを徐々に増大させることが出来ます。

増大器具には大きく分けて2種類の器具があり、

  • 1.牽引器具
  • 2.増大ポンプ

と呼ばれるものになります。

どちらもペニスに対して使用することで誰でも大きさを変化させる効果を得られます。
ただしそれぞれに特徴も使い方も異なるため、その使い方や使用した際のメリット・デメリットを正しく理解しておく必要があります。

牽引器具の特徴とメリット・デメリットは?

特徴

ペニス増大器具の牽引器具は、名前の通りペニスを物理的に引っ張る牽引により大きくすることができる器具です。

その形状は非常にシンプルで、ペニスに対して直接装着する形で牽引器具を取り付けることが出来ます。
牽引器具は初めて使用する人でも簡単に取り付けることが出来ますので使い勝手が良い道具です。

メリット

  • 手間をかけず効率的にペニス増大が可能
  • 続けやすい価格でコスパがよい

手間をかけず効率的にペニス増大が可能

ペニスを増大するためには器具を使用しない場合、ペニストレーニングと言う方法で物理的な刺激などで大きくする方法もあります。

ただ、この方法は自分の手でペニスを引っ張ったり刺激を与えたりしなければならず、時と場所を選ぶトレーニング法となります。
何より自分でペニスを引っ張るなどの作業を毎日繰り返さなくてはならずそれが面倒で長続きしないといった問題もあります。

しかし牽引器具の場合、装着しておけば器具が勝手にペニスを牽引してくれます
これは器具を使用する上でのメリットであり、何もしなくても効率的にペニスを大きくしていくことが出来ます。
この手間のかからないという点が牽引器具の大きな特徴といえます。

続けやすい価格でコスパがよい

価格的にも安価に購入可能となっており、一度購入すれば長い間使用することが出来ます。
電気などを使用しないためコスパと言う面においても非常にメリットがあると言えます。

デメリット

  • 痛みが伴う場合がある
  • 安価だと壊れてしまうこともある
  • つけたままの状態でいれるが、動くのが困難・トイレが面倒

痛みが伴う場合がある

デメリットに関しては、牽引器具を使用している場合ペニスが常に引っ張られていることです。
そのため使用中はどうしても痛みを感じてしまいます。

これは牽引の調整をすればある程度は抑えられますが、牽引を弱めれば自分の目指す大きさにすることが難しくなるという問題も生じます。

そのため痛みを我慢するかペニス増大の効果を抑えるかを考えて使用する必要があります。
使用する時間が2時間以上という長時間になるので、その点も考慮しなくてはいけません。
牽引による痛みに耐えられるかどうかが特に注意しなくてはいけないポイントです。

安価だと壊れてしまうこともある

牽引器具は形状が単純なので安価ですが、どうしても牽引する道具なのでスプリングなどが壊れてしまうことも多くなります。
壊れてしまうと買いなおす必要があるのでその点もデメリットとなるでしょう。

つけたままだと動くのが困難・トイレが面倒

常につけたままの状態にすることも可能ですので、服の下に装着したままの状態にすることも出来ます。

ただその場合には動くのが難しい、トイレに行く際に外すのが面倒、装着しているのがばれると恥ずかしいといった問題もあります。
牽引器具を使用することで起こりえるデメリットを正しく理解して使用することが望ましいでしょう。

ペニス増大に効果がある人気の牽引器具

ペニス増大を促してくれる器具にも数々種類がありますが、その中でも下記の3つは特に人気が高い商品です。
それぞれ特徴があるので違いを理解した上で選択すると良いでしょう。

アンドロヤマトの特徴


引用:Amazon
アンドロヤマトは日本製のペニス牽引器具です。

日本製と言うことで非常に丁寧な仕事が見られる器具となっており、扱いやすさと不快感を可能な限り取り除くことを重視した製品となっています。
使い方は非常に簡単で、ペニスに器具を装着し、亀頭部分にテンションをかける形で使用する器具です。

アンドロペニスの特徴

引用:Amazon

アンドロペニスは、EU諸国においては非常に有名な器具であり、医療器具として国に認可されているほどの人気を誇る増大器具となっています。

基本的な構造はアンドロヤマトとそれほど違いが無く、使い方に関してもほぼ同等の使用法。
海外での人気は浮動のものといえますし、認可されているため安全性などに関しては全く問題ありません。

プロエクステンダーの特徴

引用:Amazon

プロエクステンダーは海外製のペニス増大器具です。

アンドロペニスやアンドロヤマト同様の使い方で使用できますので、基本性能に関してはほとんど変わらないと考えて良いでしょう。
違いとしては非常に安価でありアンドロペニスと比較すると三分の一程度の金額で購入できます。

そのためコスパ重視で考えた場合には特におすすめできる増大器具となっています。

ペニス増大に効果がある増大ポンプとは?


牽引器具同様にペニスを大きくすることができる器具として増大ポンプがあります。
この増大ポンプは牽引器具とは異なり、ポンプの力によってペニスを引っ張り増大させることができる器具となっています。

増大ポンプの種類

大きく分けて

  • 真空式と
  • 水圧式があり、

それぞれに使用できる場所が異なります。

基本的な構造は真空式・水圧式どちらも似たようなもので、シリンダーの中にペニスを入れて使用します。
シリンダー内の空気をポンプで吸い出すことで真空状態を作り出し強制的にペニスを引っ張ることが出来ます。
真空にすることでペニスが引っ張られるとともに血液の流入も増加します。

その効果としてペニス増大が可能となります。

  • 水圧式
    水圧式はお風呂の中でしか使用できないため、使用する場所が特定される
  • 真空式
    真空式は水を使わないので何処でも使用することが可能

電動と手動の違いとは?

増大ポンプには手動式と電動式がありますが、その違いは何なのでしょうか。

  • 手動式:
    手動式は手でポンプを操作して真空を作り出すことが出来るため、アナログ的ではありますが使いやすさに定評があります。
  • 電動式
    電動式は電気の力でポンプを作動させ真空を作り出すことが出来ますので手軽にペニス増大を目指せます。

ただ手動式のほうが安価に購入できますし、電源を必要としないというメリットもあります。

増大ポンプのデメリットは?

デメリットとしては価格にバラつきがあり高額なものも数多く販売されています。

そのためなかなかどれがいいのかを判別するのが難しいという欠点があります。
それと真空にしてペニスを引っ張ることで浮腫と呼ばれる状態を引き起こすこともあり、この点に関しても増大ポンプならではのデメリットとなります。

構造上シリンダーが割れる、ポンプが作動しなくなるといった故障しやすいという問題もあります。
安価な増大ポンプは短期間で壊れることも多いので牽引器具と比べるとこの点に関しても使用する上でのマイナス要素となります。

人気の高い増大ポンプとその特徴

増大ポンプも人気の高い商品があり、手動式と電動式で人気が二分しています。

手動式で人気の商品と電動式で人気の商品を紹介していますので、違いを理解し自分に合ったものを選択すると理想の増大効果が期待できます。

ミスターハイの特徴

引用:Amazon

ミスターハイは電動で駆動する増大ポンプです。
長年の研究により最も使いやすい形状となっており、シリンダーもS・M・Lの三種類を用意しています。
そのためペニスの大きさに合わせて使用することが出来ます。

電源は単三電池かACアダプターが使用できますので、コンセントが無い場所での使用も可能となっています。
長時間の使用の場合はACアダプターを使用することで安定した動作を可能としています。

パワーゲージの特徴

引用:公式サイト

パワーゲージは手動式の増大ポンプです。
純国産のため日本人に合わせて設計されているのも大きな特徴と言えます。
使い方は簡単で、付属のシリンダーにペニスを入れて後は手動でポンプを操作することでシリンダー内の空気を無くすことができます。

基本的には電動式と同じ仕組みなので効果に関しても同等の効果を得られます。
手動式なので電気を必要としておらず、購入後のコスパは非常に高いものとなっています。

【ペニス増大器具】を使う際の注意点とポイント

ペニス増大器具を使用したからといってすぐに大きさに変化があるわけではありません。

牽引器具でも増大ポンプでも、一時的にペニスに対して刺激を与えたことで大きくすることは可能です。
しかしそれは使用直後のみですぐにもとの大きさに戻ってしまうことになります。

ペニス増大器具で大きさを変化させるためには、継続的な使用を行うことが絶対条件となっています。
使用する時間に関しては牽引器具の場合1日最低でも3時間程度の装着が必要となります。
さらに大きさを大きくしたいのであればそれ以上の時間の装着も考えなければいけません。

毎日使用し続けることで徐々にペニスの大きさに変化が出てくることになるので、短期間での効果を期待してはいけません。

【増大ポンプ】を使用する際の注意点とポイント

増大ポンプに関しても同様で真空にすることで増大を可能にするわけですが、牽引器具に比べて浮腫などのリスクもあります。
これは増大ポンプのみの問題で、メーカーが規定している15分程度の時間を越える使用は基本NGとなります。
どの増大ポンプの場合でも1回15分程度の使用で週2~3回の使用が効果的となっています。

そのためそれを正しく守って使用することが、安全に使用するために守るべきルールとなります。
それと増大器具を使用していることをパートナーがいる人の場合にはきちんと話しておくことも重要となります。
話をすることで増大器具を使用する手助けにもなりますし、理解してもらうことで安心して器具を使用できる環境が整うためです。

長期間の使用を考えなければいけないわけですから、理解を得た上で使用し続けることが増大を可能にする近道となります。

ペニス増大器具は、【牽引器具】がオススメ!


牽引器具でも増大ポはンプでも使用することでペニスの増大が可能となります。

しかし安全性やコストパフォーマンス、使用する際の利便性を考えた場合には牽引器具のほうが増大ポンプよりもおすすめといえます。
増大ポンプも悪くは無いのですが、

  • 服を着たまま使用できない
  • 価格が高額である
  • 浮腫が起きる可能性があること

などを考慮し無くてはいけません。

そう考えた場合、安価に購入でき普段も装着することが出来る牽引器具のほうが利便性もコスパの面においても上だと言えるでしょう。

使用する前に自分に合ったものはどれかをきちんと比較することも重要なポイントとなります。
安全に使用するためにも増大器具の本質と使い方を正しく理解するようにしましょう。

【9月最新】ペニス増大サプリランキング
36ヶ月売り上げno1!不動の人気商品!
>>詳細はこちら
満足度92%!3大成分を豊富に配合!
>>詳細はこちら
米国・タイで100万個の売り上げた人気商品!
>>詳細はこちら

スポンサーリンク

ペニスを大きくしたい方におすすめ!

【厳正】増大サプリおすすめランキング!効果の高い商品はコレ!

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は増大サプリの効果と選び方をランキングで紹介していきます!

増大サプリでペニスは大きくなる?効果・成分を徹底調査!

ペニスが小さくて人前で脱げない…。パートナーも多分満足してなき…。そんな方におすすめの増大サプリを解説します!