体臭

2015/02/01

加齢臭を対策するグッズとはどんなものがあるか

加齢臭を対策するグッズとはどんなものがあるか

加齢臭を抑えるのに、何か良いものはあるのでしょうか。普段使う石鹸などのほか、制汗スプレーのように持ち歩けて直ぐに使えて、一時的に臭いを抑えられるものなどがあれば非常に便利です。

加齢臭対策グッズを選ぶ場合は成分に注目

加齢臭を抑えるための商品は様々なものが市販されています。具体的には、シャンプーや石鹸、ボディーソープ、スプレーなどです。その中でも、消臭効果のある成分はポリフェノール、柿タンニン、フラボノイド、クロロフィル、ミョウバンなどで、これらの成分を含んだ製品を選ぶとよいでしょう。また一時的に臭いを抑えることが目的であれば市販のスプレーなどで対処しても問題はなく、通信販売で加齢臭専用のスプレーも市販されているようです。加齢臭用のスプレーを購入する際には、前述した成分を含むスプレーを使ってみると良いでしょう。

加齢臭の対策として、香水で臭いを誤魔化そうとしている人も見受けられますが、香水の場合は臭いが混ざり強くなってしまい、かえって逆効果です。消臭効果のあるものを利用しましょう。

加齢臭予防はその他の生活習慣予防にも繋がる

加齢臭の場合は、一時的な対策であればグッズなどで改善が見込めますが、日常生活を改善することで長期的に予防することが可能です。また、中年男性には幸いなことに、加齢臭の発生を防ぐためには、生活習慣病を予防するのと同じ対策でよいのです。

(1)バランスの取れた食事を心がける:野菜や果物など植物繊維が豊富な食品を含む健康的な食生活を心がけましょう。脂肪や糖分の摂り過ぎは皮脂の脂肪分を増加させ、臭いの元になります。

(2)定期的に運動を行う:運動を行うことで身体の酸化を防ぐことができます。スイミングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的と言われています。

(3)規則正しい生活をおくる:不規則な生活は身体の酸化を促進します。しっかりと休養し趣味やスポーツでストレスを発散するなど、健康的な生活を心がけましょう。

(4)タバコやお酒は控えめに:どちらも過剰に摂取すると身体への負担になり、酸化を早めます。

(5)睡眠をしっかりとる:睡眠中に身体はダメージを受けた細胞を修復します。睡眠が不足すると細胞の修復が十分に行われず、身体の酸化が促進されます。ご参考にして頂ければ幸いです。

突然加齢臭がきつくなり周囲の目が気になってしまう、という事態に備えて加齢臭対策グッズはいくつか持ち歩いていると良いかもしれませんね。一方で加齢臭は日常生活に気を使うことで、一定予防が可能です。更に加齢臭の予防のための日常生活の改善は、生活習慣病の予防も兼ねることになります。加齢臭が気になる場合は、これを気に日常生活に気を使うのも良いでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加