薄毛

2015/01/30

薄毛を隠すふりかけは、プールでも取れない優れもの?

薄毛を隠すふりかけは、プールでも取れない優れもの?

ふりかけることで、薄毛を隠せる商品があります。薄毛を気にしている方は、見たことがあるかもしれません。手軽に隠せるため便利そうですが、実用性や気をつけたいことなどは、どんなことでしょうか。

30代男性からの相談:「薄毛用のふりかけが気になります。」

遺伝なのか、頭頂部の髪の毛が薄くなってきたように感じています。実家で父が以前愛用していた薄毛用のふりかけみたいなものが気になっています。本当にふりかけていただけのように思うのですが、それをしたあとの父の薄毛は目立たなくなっていました。あれは特に接着剤等をつけていたようにも思えないのですが、どういう仕組で髪にくっつくのでしょうか。スポーツをするのですが、汗をかいたら流れてしまったりしないのでしょうか。

一時的な薄毛隠しとしてお手軽に利用ができる

髪にふりかけたり、スプレーをするだけで薄毛をある程度隠すことが可能であり、手軽に使えて評判もよいとのことでした。耐水性にも優れており、プールに入っても問題ないそうです。

薄毛用のふりかけは、薄毛をカバーするスプレーのことでしょうか?テレビのコマーシャルにもありますが、簡単に薄毛をカバーでき、お手軽ということで、評判はいいようです。しかし、育毛剤ではないので、あくまでも、一時的な薄毛かくしとお考えください。(看護師)
最近の薄毛のスプレーは汗や雨にも強いものがあり、プールに入ってもいいほど耐水性に優れています。(看護師)
スプレーは髪の毛のように見える特殊な繊維でできた人工毛を薄毛の部分にスプレーして髪に付着させ、増毛したように見せるものですから、ある程度の髪がなければ使えません。(看護師)

便利な反面、使い方には注意が必要

耐水性に優れているというため、シャンプーでも落としきれないほど付着する、という見方もあるようです。頭皮環境の悪化を引き起こしたり、専用のシャンプーを使う羽目になるかもしれません。

プールに入ってもいいほど耐水性に優れているということは、シャンプーでも落としきれない場合があるということですから、毛根や頭皮に付着したままで毛穴がつまったり、頭皮が不潔になって抜け毛の原因になります。(看護師)
普通にシャンプーすると落ちると言われていますが、きれいに洗い流すためには、専用のシャンプーや洗浄力の強いシャンプーを使用しなければならず、費用もかかったり、洗い流すためにごしごしこすりがちになりますから、逆に頭皮を傷めたり、抜け毛を増やすこともあります。(看護師)
それ以外に、スプレーした時に吸い込んでしまい、呼吸困難になったり、服などに付着すると落ちにくいなどの問題もあります。実際に使用される場合は、ご自分にあったものを少量から始めるといいでしょう。薄毛の対策には、生活習慣の見直しや、食生活も関係しますから、そちらも参考になさってください。(看護師)

薄毛にふりかけたりスプレーをすることで、手軽に隠すことができ耐水性も高いので、非常に便利な商品といえます。ただし薄毛を増長する可能性があり、扱いには注意が必要です。また、薄毛を根本的に解決するためにも、悩んでいる場合は治療や生活習慣の改善を行いましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加