薄毛

2015/01/27

亜鉛は抜け毛に効果があるのか?

亜鉛は抜け毛に効果があるのか?

亜鉛は不足しがちな成分ですが、育毛に役立つとも言われています。実際に抜け毛が増えてきた場合には、亜鉛を摂取すれば抜け毛を抑えることはできるのでしょうか?また抜け毛を防ぐために摂っておきたい成分は他にどんなものがあるのでしょうか?

40代男性からの相談:「亜鉛を摂取すると抜け毛を防げるのか」

亜鉛は育毛のための成分として欠かせないと思いますが、実際に継続して摂取すると抜け毛が収まるものなのでしょうか?最近抜け毛が増えていて、薬には頼りたくないのですが、サプリか食事か何かで抜け毛を防ぐようにしたいと思っています。ご回等宜しくお願いします。

亜鉛は抜け毛に効果あり。また、髪の毛によい成分は他にも様々あり。

亜鉛は育毛にもよいと言われており、特に牡蠣に多く含まれています。その他にもミネラルやヨードなど、髪によい成分は様々あります。一方でインスタント商品やスナックなどは避けておきたい食品です。

亜鉛は男性ホルモンの分泌の促進、精子の生成、生殖機能の促進や育毛にも効果があると言われています。髪にいい栄養素は亜鉛の他に、ミネラル、タンパク質、ヨード、アミノ酸、ビタミン類です。ミネラルやヨードは海藻類に多く含まれていますし、タンパク質、アミノ酸は卵、大豆製品に含まれています。蛋白質やビタミンを含む魚類、亜鉛が牡蠣に多く含まれていることは有名です。また、緑黄色野菜に含まれるビタミン類は血行をよくし、抜け毛を防ぎます。いろいろなものをバランスよく摂ることが必要です。(看護師)
逆に避けたいものは、スナック菓子、インスタント食品、ファーストフードなど高カロリー高脂肪のものです。血液をサラサラにする食事と考えると分かりやすいかと思います。(看護師)

抜け毛は生活習慣の影響も強く受けます

抜け毛を防ぎたい場合は、食事だけでなく生活習慣を意識することも重要です。頭皮の血行や環境は育毛に重要で、軽い運動などを心がけるほか、シャンプーなども刺激の少ないものを選ぶとよいでしょう。

喫煙、飲酒も抜け毛の原因になります。他に、遺伝や体質、ホルモンの減少によるもの、ストレスや生活習慣などが薄毛の原因と言われています。不規則な生活はストレスの原因になりますから、睡眠をしっかりとって、疲れを残さないよう、軽い運動をして気分転換し、頭皮の血行をよくしましょう。(看護師)
シャンプーはご自身にあったもの、界面活性剤を含むものは、洗浄力が強く、頭皮を傷めたり、ふけ、かゆみにの原因になったりしますから、刺激の少ないアミノ酸系や天然素材、無添加のものがいいでしょう。(看護師)
朝シャンは、頭皮の庇護膜がシャンプーによって剥がれた状態で外気や紫外線にさらされるため、頭皮によくないと言われています。シャンプーは夜にされるといいでしょう。(看護師)

亜鉛は髪の毛の成長によい成分であり、抜け毛が気になる場合は摂取したい成分の一つです。ただし、その他にもたんぱく質やミネラルなど、髪を発育させるのには様々な成分が必要になってきます。なるべく必要な成分を、満遍なく摂取するようにしましょう。 また、生活習慣も密接に関わってくるため、抜け毛が気になる場合は生活習慣を改善することも心がけましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加