ED

2015/01/27

精力をアップさせるツボはどこか

精力をアップさせるツボはどこか

精力に衰えを感じる質問者の男性。身体に複数あるという精力増強のツボを刺激することで精力を取り戻したいとのこと。精力を高めるツボは身体のどこにあるのでしょうか?

50代男性からの質問:「精力アップにつながるツボを教えてください。」

最近精力の衰えを感じています。若い頃のように、とまでは言いませんが、ED(勃起不全)気味に感じることもあり焦っています。最近精力を上げるツボがいくつかあることを知りましたが、具体的にどのあたりにツボがあるのでしょうか。ご教授いただければと思います。

指、おへそ、背中…精力増強のツボはあちこちに。

精力増強によいツボは、指、おへそ、背中など、身体のあらゆる箇所に点在しているようです。

精力の低下にはツボが役立つと言われています。おへその指4本分下には「関元」というツボが、おへそから真下の「関元」から左右5㎜くらいには、「大赫」というツボがあります。(看護師)
左手薬指の爪の左根元生え際から3㎜の場所には「三焦経」というツボが、人差し指の親指側、爪の角より3㎜の場所(両手)には、「商陽」というツボがあります。(看護師)
おへその真後ろ(背中)には、「命門」というツボが、「命門」から左右へ指2本分離れたところには「腎兪(じんゆ)」というツボがあります。(看護師)

ふくらはぎはツボの宝庫。

ふくらはぎには、精力だけでなく膀胱、頻尿器、ホルモンに関わるツボが豊富にあるといいます。そのため、ふくらはぎ周辺をよくマッサージするとより効果的のようです。

足の内側のくるぶしから指4本分上には「三陰交」というツボが、内くるぶしから指5本分上がって、そこから後方へ指幅1本分向かった場所には「築ひん」というツボがあります。(看護師)
ふくらはぎ周辺は膀胱や泌尿器、精力など男性にとってはとても大事なツボが豊富なので、お風呂に入った時にでもふくらはぎ周辺をマッサージすると効果があります。押してみて少し痛みを感じる所を刺激してください。そこが精力やホルモンを司るツボになります。(看護師)

指から背中、ふくらはぎまで、身体のあちこちに点在する精力増強のツボ。中でもふくらはぎ周辺には、精力をはじめ膀胱、頻尿器、ホルモンなど男性に大事なツボが豊富にあるといいます。ふくらはぎや指などは自分で簡単にマッサージしやすい部位なので、仕事の合間や入浴中など、日常の中でこまめにツボを刺激する習慣をつけると良いでしょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加