寝る時に扇風機の風を当て続けると死ぬというのは本当か?

  • 作成日:2017.07.22
  • 更新日:2017.08.16
健康

寝苦しい夜。クーラーではなく扇風機を使っている人もいるでしょう。一度は耳にしたことがありませんか? 「寝るときに扇風機の風を当て続けると死ぬ」…。この言葉は真実なのでしょうか? この疑問を専門家にぶつけてみました。

30代男性からの相談:「寝るときに扇風機を当て続けると死ぬ?」

寝るときに扇風機の風を当て続けると死ぬというのは本当でしょうか? 子どもの頃にそう聞かされましたし、たまに耳にするような気がします。
でも、扇風機の風を当て続けることで死ぬなんてことがあるんでしょうか? だとしたら、クーラーをつけっぱなしにして寝ていても死にそうな気がします。扇風機の風で死ぬことがあるのか、もし単なる噂だとしたらどうしてそんな噂が広まったんでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう

>>トゲやガラスの破片が血管に入ると死んでしまうのは本当か?

寝る時に扇風機の風に当たり続けると死ぬのか?

寝る時の扇風機の風と死の関係について専門家にお聞きしました。

よく扇風機の説明書に体に当て過ぎないようにしましょう、というような注意書きを目にしたことはあります。扇風機の当て過ぎは、体を冷やし過ぎる原因になるので、それも関係しているのかもしれませんが、扇風機が原因で人が亡くなったと言うことは聞いたことが正直ありません。(看護師)
健康な成人が扇風機の風にあたりながら寝たせいで死に至るということはまずありません。では、なぜそのような噂があるのかというと、夏は他の季節に比べると突然死が多いことが考えられます。(看護師)
突然死の原因は特定されないものも多く、季節に必ずしも特異性があるわけではありません。しかし、夏は熱中症、急性アルコール中毒などによる脱水症などが原因で寝ている間に突然死を招くことがあります。その報道の際に扇風機がついていたという情報に偏って流れるといかにも扇風機のせいで死を招いたと受け取る人もいます。(看護師)
ただし、扇風機に当たったまま、就寝してしまうと、寝冷えと言われるようにお腹を冷やしてしまい、腹痛や下痢などの胃腸症になることがあるため、注意が必要です。(看護師)
風を当て過ぎる事で体温調節が効かなくなり、自律神経が乱れたり、体調を崩しやすくなり、ご高齢の人では血圧が変動したりすることは十分に考えられます。クーラーでも同じことが言えるかもしれません。(看護師)
扇風機だと同じ向きにばかりするのではなく、首を振るように使用し、クーラーでは体に直接当たらない様に風向きを調節しながら使用してみてはいかがでしょうか。(看護師)

寝るときに扇風機の風を当て続けると死ぬかどうかという噂は間違いでした。しかし、様々な状況証拠からそのような噂が生み出されていった可能性はあります。

そもそも、風を当て続けることで身体には悪影響が及ぶため、そういった健康リスクから死という言葉が連想されてしまうのも無理はないのかもしれません。熱帯夜でも身体を冷やし過ぎることのないように温度調節を工夫していきましょう。

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別【持続力、勃起力、増大】選び方&人気ランキング

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。