薄毛

2015/01/24

ストレスによる薄毛はどのような症状が現れるのか?

ストレスによる薄毛はどのような症状が現れるのか?

薄毛は現在も研究段階で、様々な原因が関わって発症していると考えられています。原因の一つであるストレスがきっかけの場合、果たしてどのような症状が現れるのでしょうか。

30代男性からの相談:「ストレスによる薄毛は区別がつくのか」

ストレスによっても薄毛が発症するそうですが、ストレスで発症した場合の薄毛は区別できるのでしょうか。例えば急激に髪の毛が抜ける・・・など、あれば教えて下さい。

ストレスが原因の薄毛と男性特有のAGAを区別しましょう

男性は8割近くがAGAと言われていますが、ストレスからくる脱毛症とは異なりますので、まずは薄毛のタイプを知りましょう。

男性型脱毛症(AGA)とストレスによる脱毛症(神経性脱毛症)の違いについてお話します。AGAは頭頂部の毛髪が薄くなったり額が後退する症状を示すタイプの脱毛症で、神経性脱毛症は脱毛の範囲が定まらず抜け落ちるタイプの脱毛症です。(看護師)

ストレスから来る神経性脱毛症では、全身の体毛が抜け落ちる!?

神経性脱毛症では、髪も身体もありとあらゆる毛が抜けていくのが特徴的な症状です。このような症状の場合は、原因がストレスである可能が高いでしょう。

神経性脱毛症は、円形脱毛症よりも症状がひどいケースが多く、進行が進むと全身の体毛の大半が抜け落ちてしまう事態になるようです。つまり、神経性脱毛症は、頭頂あるいは額に限らず、ありとあらゆる箇所から、円形などに限らない形状で抜け落ちる事が特徴です。(看護師)

ストレスから来る神経性脱毛症では全身の毛が抜け落ちますので、このような症状の場合はストレスが原因である可能性が高いでしょう。ストレスの原因を見つけ、なるべくストレスを感じないようにするか、カウンセリングなどを活用するとよいでしょう。

また、男性に多いAGAというタイプでも原因としてストレスがあると言われています。こちらは遺伝、ホルモン、食生活、生活習慣など様々な要因が絡み合って発症しており、その中にもストレスがあると言われています。AGAの場合ストレスだけで発症するケースはほとんどないでしょうから、総合的な対策、治療を行う必要があると言われます。いずれにしてもAGAでも、ストレスが要因として考えれれますからなるべくストレスを感じないような生活を過ごすようにしたいですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加